トピックス TOPICS

主任研究員 水谷傑が家電製品・照明の国際学会(EEDAL)に参加しました

 EEDAL(Energy Efficiency in Domestic Appliances and Lighting)は、家電製品と照明のエネルギー高効率化を目的とした国際学会で、各国より毎年200人ほどの参加があります。今年は第8回で、スイスのルチェルン大学で開催されました。2015年は計測、基準とラベリング、家電製品、住宅建築物、スマートホーム、消費者行動などのセッションがあり、家電製品、照明の省エネルギー・低炭素に関わる様々な報告がありました。主な参加者は政策担当者、企業、大学などでした。

 水谷はStandards and Labels 3セッションにて、「日本の住宅省エネ基準が機器選択に及ぼす影響」について報告しました。

20150826EEDAL写真

 

Abstract
Energy consumption of Japan’s civilian sector (commercial and residential) has increased greatly compared with other sectors (industrial and transportation), and various countermeasures have been sought. Before now, measures for the residential sector included appliance energy efficiency standards (Top Runner Standards) and housing energy efficiency standards. The Top Runner
Standards have improved the energy efficiency of the subject equipment, which includes room air conditioners, refrigerators and TVs. Since housing energy efficiency standards were set in 1980, they have been revised several times. In October 2013, they were changed to a system of standards that evaluates a house’s annual primary energy consumption for heating, cooling, water heating, ventilation, and lighting.
The main effect expected from enforcing housing energy efficiency standards is a decrease in the number of products with poor energy efficiency. On the other hand, it is not a mechanism for eliminating individual products, but rather, aims to improve the energy efficiency of the whole dwelling unit. Therefore the mechanism allows much flexibility of design.
In this paper, we explain the standards system, evaluation methods, and the relation to the Top Runner Standards for the housing energy efficiency standards. Also, to consider the impact of Japan’s housing energy efficiency standards on choice of equipment, we examine the effect of the standards on both individual equipment and on the housing market as a whole.
本件に関する担当:
水谷

 

論題
How do Housing Energy Efficiency Standards in Japan affect the choice of equipment?
著者
Suguru MIZUTANI, Mikiko NAKAMURA, Hidetoshi NAKAGAMI
掲載誌
8th International Conference on Energy Efficiency in Domestic Appliances and Lighting (EEDAL’15) ( 2015年8月 )

関連資料

同じカテゴリの最新記事

論文

混合モード調査の統合集計方法の検討

 環境省の一般統計調査である「家庭からの二酸化炭素排出量の推計に係る実態調査 全国試験調査」は、住民基本台帳からの無作為抽出による調査... [続きを読む]
論文

家庭部門における照明用CO2排出量に関する研究 その1 照明点灯時間の実測結果とアンケート調査結果の比較

地球温暖化対策計画1)ではLED等の高効率照明の普及率を2030年に100%にする目標を掲げている。しかしながら、照明のエネルギー消費量の実... [続きを読む]

業務用コージェネレーション設備の性能評価手法の高度化に向けた調査 その1 導入状況および運転状況等の把握のためのアンケート調査

電力と熱を同時に生産し供給するコージェネレーションユニット(コージェネレーション本体を指し、以下CGU)は、総合効率が高く、非住宅建築物の省エ... [続きを読む]
論文

戸建住宅における太陽光発電システムの導入者意識と発電実態

太陽光発電システムは標準的な住宅設備になりつつあるが、発電性能の評価は十分ではなく、導入者意識の把握はほとんど行われていない。 そこで本研... [続きを読む]
論文

寒冷地向け温水式暖房システムの使用実態と省エネルギー余地の検討

北海道は全国と比較して住宅の断熱水準が高く,またセントラル暖房システム等により24時間暖房(連続運転)している割合も多いことから,冬期の室内温... [続きを読む]

住環境計画研究所

営業時間 9:30 – 17:30
TEL:03-3234-1177
お気軽にお問合せください