アジア地域の省エネ計画 Energy Conservation Plans in Asia

東南アジア諸国は今、急速な人口増加と工業化によりCO2削減と省エネルギーが重要な課題となっています。その一方、まだ環境関連の技術・ノウハウが確立されていないのが実態です。

当研究所では東南アジア諸国へ積極的に研究員を派遣し、現地でのヒアリング調査などを展開。各国の家庭における住環境、ライフスタイルとエネルギー消費量といった情報を集め、分析しています。

今後はこうした調査結果とこれまで日本で培ってきた環境政策に関する知見を活かし、東南アジア諸国の省エネ計画の進展にも寄与したいと考えています。ただし、新興国の多くは、日本をはじめとする先進国とはライフスタイルも気候も異なります。そうした国ごと、地域ごとの「住環境」の実情を把握したうえで、最適な提案を行うことが当研究所のミッションであると考えています。

DSC03406


<近年の主な関連業務実績>

  • 国連持続可能な消費と生産10年計画枠組み「持続可能なライフスタイル及び教育」プログラムの運営支援等委託業務
  • アジアの民生用エネルギー需要構造と将来予測に関するプラットフォーム構築(環境研究総合推進費)
  • タイにおける産業省エネルギー消費実態調査
  • ベトナムにおける省エネラベルデータベースの開発と運用に関する調査
  • ベトナムにおける冷蔵庫・エアコン・給湯器に関する市場実態調査
  • インド「電力セクターのエネルギー効率化事業の需要家サイドエネルギー効率化事業」に係る調査業務委託

住環境計画研究所

営業時間 9:30 – 17:30
TEL:03-3234-1177
お気軽にお問合せください