トピックス TOPICS

オフィスにおけるOA機器の保有状況に関する実態調査 その2 床面積と保有台数及び消費電力の関係

 前報ではオフィスにおける機器の保有状況に関する調査概要や統計量等について報告した。
 本報ではオフィスにおけるOA機器の保有状況と消費電力について、床面積との関係を把握した。サンプルサイズが少ない点には留意する必要があり、今後はサンプルサイズを増やしデータの妥当性を確認していくと共に、機器の使い方を把握してく予定である。

論題
オフィスにおけるOA機器の保有状況に関する実態調査 その2 床面積と保有台数及び消費電力の関係
著者
水谷傑, 羽原宏美, 玄姫, 中村美紀子
掲載誌
日本建築学会大会学術講演梗概集(東北), P1495-1496, 2018年9月

同じカテゴリの最新記事

論文

オフィスにおける OA 機器の保有状況に関する実態調査 その 1 調査概要および保有率・保有数量に関する集計結果

 ZEB(Zero Energyr Building)の実現に資する基本要素として、外皮性能の向上や高性能設備等の導入といった要素技術に加え、『内部発熱の低減... [続きを読む]

暖房制御と見える化システムを備えた省エネサポートシステムの開発 その6 省エネサポートアプリの利用実態及び省エネ対策の実施状況の変化

既報にて述べたとおり、これまでのHEMSは、提供情報への利用者の関心度が低いことや、HEMS自体が利用者の閲覧を待つプル型であること等により、閲覧・... [続きを読む]

暖房制御と見える化システムを備えた省エネサポートシステムの開発 その5 システム導入による温熱環境及び暖房設定温度の変化

既報に引き続き、実証モニター100件の室温データやアンケート調査結果を整理し、省エネサポートシステム導入による室温の変化や暖房制御を導入したAT... [続きを読む]

暖房制御と見える化システムを備えた省エネサポートシステムの開発 その4 システム導入による省エネルギー効果の推定

本報は、暖房需要の多い寒冷地の戸建住宅に着目し、ICTと制御技術を活用して行動変容を促すことで、より快適な住環境とCO2排出削減の両立を実現する省... [続きを読む]

ホームエネルギーレポートによる省エネ効果の地域性・持続性に関する実証研究 -初年度の省エネ効果と省エネ意識・行動の変化-

(1)目的 諸外国ではエネルギー事業者が個別の家庭に対してエネルギー使用状況等の情報提供を行うことで行動変容を促し、省エネ効果が得られるとい... [続きを読む]

住環境計画研究所

営業時間 9:30 – 17:30
TEL:03-3234-1177
お気軽にお問合せください