トピックス TOPICS

混合モード調査の統合集計方法の検討

 環境省の一般統計調査である「家庭からの二酸化炭素排出量の推計に係る実態調査 全国試験調査」は、住民基本台帳からの無作為抽出による調査(以下、「調査員調査」)と、インターネット調査会社の調査モニターからの抽出による調査(以下、「IM調査」)を組み合わせた混合モードによる調査として実施された。
 本報告では、調査員調査とIM調査のそれぞれから得られた推定値を統合して集計するために、複数の方法について検討した。

論題
混合モード調査の統合集計方法の検討
著者
水谷傑,鶴崎敬大,岡本洋明,中上英俊,美添泰人,土屋隆裕
掲載誌
2017年度統計関連学会連合大会講演報告集,P313,2017年9月

同じカテゴリの最新記事

LCCM住宅における家庭用蓄電池・太陽光発電設備一体型システムの特性把握研究 その6 評価モデルによる感度解析

家庭用蓄電池システムについては、災害等における停電時の非常用電源や、太陽光発電等自然エネルギー由来電力の固定価格買取制度における買取価格の低... [続きを読む]
論文

都市・地域エネルギーシステムに関する調査研究

近年、都市の低炭素化・防災対策のため、産学官でスマートコミュニティの事業が行われてきた。本研究では、都市のエネルギーシステムの視点から、スマ... [続きを読む]
論文

オフィスにおけるOA機器の保有状況に関する実態調査 その2 床面積と保有台数及び消費電力の関係

 前報ではオフィスにおける機器の保有状況に関する調査概要や統計量等について報告した。  本報ではオフィスにおけるOA機器の保有状況と消費... [続きを読む]
論文

オフィスにおける OA 機器の保有状況に関する実態調査 その 1 調査概要および保有率・保有数量に関する集計結果

 ZEB(Zero Energyr Building)の実現に資する基本要素として、外皮性能の向上や高性能設備等の導入といった要素技術に加え、『内部発熱の低減... [続きを読む]

暖房制御と見える化システムを備えた省エネサポートシステムの開発 その6 省エネサポートアプリの利用実態及び省エネ対策の実施状況の変化

既報にて述べたとおり、これまでのHEMSは、提供情報への利用者の関心度が低いことや、HEMS自体が利用者の閲覧を待つプル型であること等により、閲覧・... [続きを読む]

住環境計画研究所

営業時間 9:30 – 17:30
TEL:03-3234-1177
お気軽にお問合せください