トピックス TOPICS

混合モード調査の統合集計方法の検討

 環境省の一般統計調査である「家庭からの二酸化炭素排出量の推計に係る実態調査 全国試験調査」は、住民基本台帳からの無作為抽出による調査(以下、「調査員調査」)と、インターネット調査会社の調査モニターからの抽出による調査(以下、「IM調査」)を組み合わせた混合モードによる調査として実施された。
 本報告では、調査員調査とIM調査のそれぞれから得られた推定値を統合して集計するために、複数の方法について検討した。

論題
混合モード調査の統合集計方法の検討
著者
水谷傑,鶴崎敬大,岡本洋明,中上英俊,美添泰人,土屋隆裕
掲載誌
2017年度統計関連学会連合大会講演報告集,P313,2017年9月

同じカテゴリの最新記事

論文

家庭部門における照明用CO2排出量に関する研究 その1 照明点灯時間の実測結果とアンケート調査結果の比較

地球温暖化対策計画1)ではLED等の高効率照明の普及率を2030年に100%にする目標を掲げている。しかしながら、照明のエネルギー消費量の実... [続きを読む]

業務用コージェネレーション設備の性能評価手法の高度化に向けた調査 その1 導入状況および運転状況等の把握のためのアンケート調査

電力と熱を同時に生産し供給するコージェネレーションユニット(コージェネレーション本体を指し、以下CGU)は、総合効率が高く、非住宅建築物の省エ... [続きを読む]
論文

戸建住宅における太陽光発電システムの導入者意識と発電実態

太陽光発電システムは標準的な住宅設備になりつつあるが、発電性能の評価は十分ではなく、導入者意識の把握はほとんど行われていない。 そこで本研... [続きを読む]
論文

寒冷地向け温水式暖房システムの使用実態と省エネルギー余地の検討

北海道は全国と比較して住宅の断熱水準が高く,またセントラル暖房システム等により24時間暖房(連続運転)している割合も多いことから,冬期の室内温... [続きを読む]
論文

家庭用燃料電池の逆潮流運転による省エネルギー効果の評価

本研究では、2016年4月から家庭用燃料電池の余剰電力を系統へ逆潮流させること(以下「逆潮流」という)が可能になったことで、発電の高効率化と排熱... [続きを読む]

住環境計画研究所

営業時間 9:30 – 17:30
TEL:03-3234-1177
お気軽にお問合せください