トピックス TOPICS

業務用コージェネレーション設備の性能評価手法の高度化に向けた調査 その1 導入状況および運転状況等の把握のためのアンケート調査

電力と熱を同時に生産し供給するコージェネレーションユニット(コージェネレーション本体を指し、以下CGU)は、総合効率が高く、非住宅建築物の省エネルギー化の重要な技術となっている。一方で、本年4月より2,000 m2以上の非住宅建築物に対し、建築物のエネルギー消費性能基準の適合義務化が開始し、設計者にとっては、機器の特性を考慮してエネルギー消費性能を精緻に予測することが必須となってきた。
本調査研究は、排熱系統を含む業務用コージェネレーション設備(以下CGS)について、補機系統の電力消費量や負荷追従性等を含めたCGSの運転特性を把握し、それらの影響を加味した計算モデル及びCGS性能評価手法を構築することを目的としている。現在、民生分野では病院・介護施設、スポーツ施設・浴場、飲食施設等に多くの導入事例が見られるものの1)、実際の管理・運転状況や排熱系統を含むシステム全体の稼働状況を把握した調査事例は少ない。そのため計算モデルの構築にあたっては、CGSの管理・運転実態を把握するためのアンケート調査及びヒアリング調査、並びにCGU及びその周辺機器を対象とした実測調査を基に実働性能解析を行い、それらの結果を基に計算精度の向上を目指す。
本報では、CGUの管理・運転実態を把握するために実施したアンケート調査結果について報告している。

論題
業務用コージェネレーション設備の性能評価手法の高度化に向けた調査 その1 導入状況および運転状況等の把握のためのアンケート調査
著者
岡本洋明, 中村美紀子, 住吉大輔, 坂口雄一, 伊藤竜一, 桑沢保夫, 宮田征門
掲載誌
日本建築学会大会学術講演梗概集(中国), P1161-1162, 2017 年 8 月

関連資料

同じカテゴリの最新記事

「eceee 2019 Summer Study on energy efficiency」にて調査研究報告

令和元年6月3日(月)~6月8日(土)に南仏イエールで開催予定の「eceee (European Council for an Energy Efficient Economy) 2019 Summer Study on ... [続きを読む]

「2019年度日本建築学会大会(北陸)学術講演会」にて調査研究報告

2019年9月3日(火)~6日(金)に開催予定の「2019年度日本建築学会大会(北陸)学術講演会(金沢工業大学)」にて、岡本の研究報告を予定しています... [続きを読む]

平成30年度建築基準整備促進事業の成果報告をしました。

弊社は、国土交通省「平成30年度建築基準整備促進事業」の中の研究課題「E10 住宅における蓄電・蓄熱された電力・熱の評価の基盤整備」を、東京大学大... [続きを読む]
論文

都市・地域エネルギーシステムに関する調査研究

近年、都市の低炭素化・防災対策のため、産学官でスマートコミュニティの事業が行われてきた。本研究では、都市のエネルギーシステムの視点から、スマ... [続きを読む]

環境省「平成29年度 家庭部門のCO2排出実態統計調査」の結果(確報値)公表について

環境省では、家庭部門の詳細なCO2排出実態等を把握し、地球温暖化対策の企画・立案に資する基礎資料を得ることを目的に、平成29年度より政府の一般統... [続きを読む]

住環境計画研究所

営業時間 9:30 – 17:30
TEL:03-3234-1177
お気軽にお問合せください