トピックス TOPICS

家庭CO2統計に基づく世帯当たりCO2排出量の経年変化の要因分析

弊社 研究所長の鶴崎が第41回エネルギー・資源学会研究発表会で研究発表を行いました。

本研究では、環境省「家庭部門のCO2排出実態統計調査」(以下「家庭CO2統計」といいます)の平成29(2017)年度~令和2(2020)年度までの結果を用いて、世帯当たり年間CO2排出量(電気・ガス・灯油の合計。自動車用燃料を含まない。)の経年変化を以下の4つの要因で検討しました。

  • CO2排出原単位要因(電源構成の変化)
  • 気候要因
  • 特殊要因(COVID-19 新型コロナウイルス感染症 感染拡大が需要に及ぼす影響)
  • トレンド要因(省エネルギーの進展、世帯属性の変化等)

 

2020年度の世帯当たり年間CO2排出量は2.88t-CO2/世帯・年でした。

2017年度から2020年度までの3年間の変化量は▲0.32 t-CO2であり、要因別内訳は、CO2排出原単位要因で▲0.25t-CO2、気候要因で▲0.08t-CO2、特殊要因(COVID-19による需要変化)で+0.18t-CO2、トレンド要因(省エネルギーの進展等)で▲0.17t-CO2となりました。

CO2排出原単位要因以外の3つの要因は重回帰分析によりますが、要因分析手法には課題も残されており、令和3(2021)年度以降の調査結果を踏まえ、検討を継続いたします。

弊社は、株式会社インテージと家庭CO2統計に係る業務を共同で受託しています。
今後も、家庭CO2統計の充実と活用促進に貢献して参ります。

論題
家庭CO2統計に基づく世帯当たりCO2排出量の経年変化の要因分析

著者
鶴崎敬大,中上英俊

掲載誌
第41回エネルギー・資源学会研究発表会講演論文集, pp.24-27, エネルギー・資源学会, 2022年8月

同じカテゴリの最新記事

調査研究報告

2023年度建築学会大会研究協議会「コロナ危機がもたらす建築環境工学の新たな展開」にて登壇

2023年度日本建築学会大会(近畿)環境工学部門研究協議会「コロナ危機がもたらす建築環境工学の新たな展開」において、副主席研究員の水谷が主題解説... [続きを読む]
論文

住宅における家具の熱容量に関する調査 その2 家具別試算結果(前半)

副主席研究員の水谷が、2023年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会で発表を行いました。 ... [続きを読む]

ユーザー視点から期待される今後のヒートポンプの役割についての検討

世界的な潮流としてカーボンニュートラルやサーキュラー・エコノミーへの移行に対する要請が高まる等、ヒートポンプを取り巻く社会状況も大きく変化し... [続きを読む]

「2023年度 日本冷凍空調学会年次大会」にて報告

2023年9月6日(水)~8日(金)に開催された、2023年度 日本冷凍空調学会年次大会(日本大学理工学部駿河台校舎)にて、主任研究員の岡本が報告を行い... [続きを読む]

高効率エアコン導入を促すメッセージの検証

(1)目的 北海道は家庭部門からの排出のうち、灯油暖房が占める割合が高いことが特徴であることから、暖房の熱源転換に向けた行動変容が課題となっ... [続きを読む]

住環境計画研究所

営業時間 9:30 – 17:30
TEL:03-3234-1177
お気軽にお問合せください