トピックス TOPICS

近年の家庭用エネルギー消費の動向と再生可能エネルギーの普及について

<概要>
温室効果ガスの排出削減が各国の喫緊の課題となる中、2021年4月22日に開催された地球温暖化対策推進本部において、菅総理より2030年までに温室効果ガスの排出量を2013年度比で46%減らす新たな目標が公表された。
今後カーボンニュートラルを実現するために、電力部門の脱炭素化と、需要サイドの電化・水素化が進められる見通しであるが、家庭部門においても徹底した省エネルギーに加え、再生可能エネルギーの導入や設備の電化が求められることになる。
省エネ・再エネ促進の個別施策の検討には、家庭のエネルギー消費や設備の利用実態、また再生可能エネルギーの利用意向などを精緻に把握することが重要であるが、当研究所は長年にわたり、アンケートや実測調査などを通じてこれらの実態把握に努めてきた。
本稿では当研究所がこれまでに分析したデータや既往統計を通じて、家庭用エネルギー消費のこれまでのトレンドや、再生可能エネルギーの主力設備である太陽光発電の利用実態、また蓄電設備の導入状況などをご紹介する。

論題
近年の家庭用エネルギー消費の動向と再生可能エネルギーの普及について
著者
岸田真一
掲載誌
都市住宅学 114号 2021 Summer, 63-68, 都市住宅学会, 2021年7月

同じカテゴリの最新記事

環境省「令和2年度 家庭部門のCO2排出実態統計調査」の結果(確報値)公表について

環境省では、家庭部門の詳細なCO2排出実態等を把握し、地球温暖化対策の企画・立案に資する基礎資料を得ることを目的に、平成29年度(2017年度)から... [続きを読む]

環境省ナッジ事業の成果とBECC JAPAN 2021が環境省の報道発表で紹介されました

弊社が実施した環境省ナッジ事業の成果とBECC JAPAN 2021が環境省の報道発表で紹介されました 環境省委託事業「低炭素型の行動変容を促す情... [続きを読む]

若年層の環境意識向上を促す情報提供手法の実証調査

(1) 目的: 欧州を中心とする諸外国では気候変動に対する危機意識、関心がミレニアル世代やZ世代を中心に高まっており、ライフスタイルの変化や投票... [続きを読む]

「省エネ教育」に関する指導者向け教育教材の開発[持続可能な社会を目指して、家庭・地域での実践につなげる「今日からはじめる省エネ教育」]

(1) 目的: 新学習指導要領において、持続可能な社会の作り手の育成について前文で言及されたことは特筆すべきである。しかし現状は、学習指導要領や... [続きを読む]

住環境計画研究所

営業時間 9:30 – 17:30
TEL:03-3234-1177
お気軽にお問合せください