トピックス TOPICS

太陽光発電の余剰電力買取期間終了後の需要家意向に関する調査

目的:
我が国では2009年11月に開始した余剰電力買取制度(2012年以降は固定価格買取制度に移行)により家庭における太陽光発電の普及が進められてきたが、2019年11月以降、10年間の買取期間が終了する世帯が生じる。これらの世帯は余剰電力の積極的な自家消費に移行する可能性もあり、対応次第で電力消費パターンは変わり得る。このような背景から、本調査では、買取期間終了を想定した需要家の自家消費に関する意向の把握を目的とする。

方法:
戸建住宅に太陽光発電を既設の1,500世帯に対しインターネットアンケートを実施する。余剰電力の買取価格は太陽光発電の設置年により異なるため、10区分の設置年別にサンプルの割付を行う。調査項目は、自家消費設備(蓄電池、ヒートポンプ給湯機、電気自動車)の導入意向、設備導入で重視したい条件、許容投資回収年数等である。なお、蓄電池または電気自動車の保有世帯、全量売電・ダブル発電の世帯はアンケートの対象外としている。

結果:
蓄電池、ヒートポンプ給湯機、電気自動車の導入意向は、いずれも「とても導入したいと思う」割合が1割前後に留まっている。これらの自家消費設備の導入では「初期費用」等の経済性に関わる内容が重視され、許容投資回収年数は10年以内の割合が最も大きく約3割である。自家消費設備に関し気になる点や希望するサービスとして、「諸費用の低減」が約4割と大きく、「詳しい情報が知りたい」等の情報提供を希望する割合も1割程度確認できる。

論題
太陽光発電の余剰電力買取期間終了後の需要家意向に関する調査
著者
岸田 真一, ユウローリン, 中上 英俊
掲載誌
BECC JAPAN 2019, 2019年8月

同じカテゴリの最新記事

生活行動に基づく需要発生メカニズムの検討 -在宅勤務を例に-

弊社 副主席研究員 水谷と研究員 岩本が、第41回エネルギー・資源学会研究発表会で研究発表を行いました。 【背景・目的】 近年デジタ... [続きを読む]

北海道における暖房の効率的利用を促すメッセージ手法の検証

北海道に在住のWEB調査モニター720名を、介入群3グループと対照群の計4グループに分け、介入群にはそれぞれ暖房の省エネ行動を促すメッセージをフレー... [続きを読む]

北海道における高効率エアコン選択を促すメッセージ手法の検証

北海道に在住のWEB調査モニター720名を、介入群3グループと対照群の計4グループに分け、仮想のエアコン購買場面での商品選択実験を行った。介入群には... [続きを読む]

省エネ教育プログラムの実証結果が環境省の報道発表で紹介されました

弊社が実施した環境省ナッジ事業の成果が環境省の報道発表で紹介されました 環境省委託事業「低炭素型の行動変容を促す情報発信(ナッジ)... [続きを読む]

弊社が実施したカーボンプライシングに関する調査報告書が日本LPガス協会のHPで公開されました

弊社が実施いたしました日本LPガス協会委託調査「カーボンプライシングに関する調査」の報告書が日本LPガス協会のホームページに掲載されました。 国... [続きを読む]

住環境計画研究所

営業時間 9:30 – 17:30
TEL:03-3234-1177
お気軽にお問合せください