トピックス TOPICS

省エネ教育プログラムにおけるオンライン授業の効果

(1) 目的:
GIGAスクール構想では、「1人1台端末・高速通信環境」により学習活動の一層の充実と主体的・対話的で深い学びの視点からの授業改善が提案されている。昨年はコロナ禍となり、今後の災害や感染症の発生等による学校の臨時休業等の緊急時においても、ICTの活用により全ての子供たちの学びを保障できる環境を早急に実現する必要性が生じている。そこで、これまで我々が開発した[省エネ教育プログラム]をオンラインや家庭学習で活用することで省エネ意識の向上や行動変容につながるのか、大学生を対象に効果検証を行うこととした。
(2) 方法:
対象者は、T大学3年生104名とし、4週間の連続した45分の時間をwebexを使用したリアルタイムのオンライン授業を4回実施し、デジタル教材を活用しながら展開した。毎回電気・ガス・水道のメーターの読み取りと省エネ行動の実践状況を記録させ、体験学習(エコ・クッキング)については自宅で各自実施させ、行動プランシートと出来上がりの写真を提出させた。得られた結果より、昨年実施した対面授業と比較を行い、検証することとした。
(3) 結果:
オンライン授業では双方向の授業となるようwebexのチャット機能を使用して、各自の意見を述べさせ、クラスで共有し、教室で授業を受けた場合と差がないように工夫した。[省エネ教育プログラム]を活用し、デジタル教材を活用したオンライン授業を行った結果、電気・ガス等のエネルギー消費量の減少や省エネ行動の実践、環境問題への意識変化などが見られ、昨年の対面授業と比較しても、遜色ない行動変容が得られることが示唆された。
本研究は、環境省「2020年度 低炭素型の行動変容を促す情報発信(ナッジ)等による家庭等の自発的対策推進事業」の一環として東京ガス(株)と東京家政大学の共同研究として実施したものである。

論題
省エネ教育プログラムにおけるオンライン授業の効果
著者
赤石 記子, 三神 彩子, 矢田 麻衣, 平山 翔, 長尾 慶子
掲載誌
BECC JAPAN2021, 2021年8月

同じカテゴリの最新記事

調査研究報告

2023年度建築学会大会研究協議会「コロナ危機がもたらす建築環境工学の新たな展開」にて登壇

2023年度日本建築学会大会(近畿)環境工学部門研究協議会「コロナ危機がもたらす建築環境工学の新たな展開」において、副主席研究員の水谷が主題解説... [続きを読む]
論文

住宅における家具の熱容量に関する調査 その2 家具別試算結果(前半)

副主席研究員の水谷が、2023年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会で発表を行いました。 ... [続きを読む]

ユーザー視点から期待される今後のヒートポンプの役割についての検討

世界的な潮流としてカーボンニュートラルやサーキュラー・エコノミーへの移行に対する要請が高まる等、ヒートポンプを取り巻く社会状況も大きく変化し... [続きを読む]

「2023年度 日本冷凍空調学会年次大会」にて報告

2023年9月6日(水)~8日(金)に開催された、2023年度 日本冷凍空調学会年次大会(日本大学理工学部駿河台校舎)にて、主任研究員の岡本が報告を行い... [続きを読む]

高効率エアコン導入を促すメッセージの検証

(1)目的 北海道は家庭部門からの排出のうち、灯油暖房が占める割合が高いことが特徴であることから、暖房の熱源転換に向けた行動変容が課題となっ... [続きを読む]

住環境計画研究所

営業時間 9:30 – 17:30
TEL:03-3234-1177
お気軽にお問合せください