トピックス TOPICS

暖房制御と見える化システムを備えた省エネサポートシステムの開発 -システム導入による省エネルギー効果と暖房の使い方の変化-

(1)目的
近年、家庭の省エネ推進手法として、HEMSの導入が全国的に進み始めている。既存のHEMSは電気を対象としたものが多いが、他方、北海道等の寒冷地の家庭では暖房がエネルギー消費の約半分を占めるため、暖房使用状況や温熱環境等を考慮して省エネ行動を促すシステムが有望だと考えられる。本研究は環境省の技術開発・実証の一環として、寒冷地の戸建住宅に着目し、暖房時の室温制御とICTを活用して行動変容を促すことで、快適な住環境とCO2排出削減の両立を目指す。

(2)方法
本実証では、札幌市内の戸建住宅に居住する100世帯を対象に、2017年1月から約1年間に渡り、①情報提供:住環境データ(室温やエネルギー消費量等)のフィードバックや省エネアドバイス提供、②暖房制御:生活パターン(在宅・外出・就寝時)ごとのスケジュール設定や住環境データに基づく温水暖房制御、の2種類の介入を行っている。なお省エネアドバイスは、暖房設定温度の低下や早期の暖房停止を促す際には他の実証世帯と比較する等、行動科学の知見を参考にしている。

システムの導入効果はランダム化比較試験により評価する。具体的には、実証世帯をAT群(①②を両方行う群)、FB群(①のみを行う群)、CT群(①②のいずれも行わず、計測のみを行う群)の3群へランダム割付により分類し、群間のガス消費量や暖房の使い方の差を確認する。

(3)結果
介入前後の冬期ガス消費量の省エネ率は、情報提供と暖房制御を両方導入したAT群が3.2~3.7%、情報提供のみ導入したFB群が2.3~2.6%となった(いずれも有意水準5%で有意差あり)。介入後の暖房の使い方に関しては、AT群では9割近くの世帯が暖房制御を利用するようになったこと、FB群では手動・タイマー制御による暖房停止をするようになった世帯が1割ほど増加したことが確認された。このことから、今回開発したシステムは冬期の暖房エネルギー消費量の削減に有効であったことが示唆される。

論題
暖房制御と見える化システムを備えた省エネサポートシステムの開発 -システム導入による省エネルギー効果と暖房の使い方の変化-
著者
ユウ ローリン,鶴崎 敬大,中村 美紀子,平山 翔,中村 充,菊地 準,徳田 彩佳
掲載誌
BECC JAPAN 2018,2018年8月

関連資料

同じカテゴリの最新記事

環境省ナッジ事業の成果とBECC JAPAN 2021が環境省の報道発表で紹介されました

弊社が実施した環境省ナッジ事業の成果とBECC JAPAN 2021が環境省の報道発表で紹介されました 環境省委託事業「低炭素型の行動変容を促す情... [続きを読む]

若年層の環境意識向上を促す情報提供手法の実証調査

(1) 目的: 欧州を中心とする諸外国では気候変動に対する危機意識、関心がミレニアル世代やZ世代を中心に高まっており、ライフスタイルの変化や投票... [続きを読む]

「省エネ教育」に関する指導者向け教育教材の開発[持続可能な社会を目指して、家庭・地域での実践につなげる「今日からはじめる省エネ教育」]

(1) 目的: 新学習指導要領において、持続可能な社会の作り手の育成について前文で言及されたことは特筆すべきである。しかし現状は、学習指導要領や... [続きを読む]

省エネ教育プログラムにおけるオンライン授業の効果

(1) 目的: GIGAスクール構想では、「1人1台端末・高速通信環境」により学習活動の一層の充実と主体的・対話的で深い学びの視点からの授業改善が提案... [続きを読む]

住環境計画研究所

営業時間 9:30 – 17:30
TEL:03-3234-1177
お気軽にお問合せください