トピックス TOPICS

都道府県別CO2排出量の推計

 2005年2月に京都議定書が発効し、我が国は2008年から2012年におけるCO2排出量について、1990年比で平均6%削減という目標が課せられた。目標達成のためには、国を挙げての削減努力が必要であり、また世界的に見ると、日本は京都議定書の提案国として、CO2削減のリーダーシップが問われている。このような状況の中、各県は「温暖化対策推進計画」の策定を試みているが、肝心のCO2排出量の推定値さえ、最新年までのデータが県別にはきちんとした形では整備されておらず(CO2排出量の推定方式も推定年度も各府県により異なる)、各県の実態把握ができていない。今後、温暖化対策の推進に当たり、このようなデータの整備は重要であると考える。また、現状では統計データの整備、分析にかかるタイムラグにより最新年におけるCO2排出量の把握ができておらず、統計データは全国で1~2年程度、県レベルではさらに2年ほど遅いのが現状である。そこで本研究では、各県ごとにすべて同じ推定方式を採用し、用途やエネルギー源、製造業の生産指数を加味するなどの調整を行い、都道府県ごとの整合性が取れた形でエネルギー需要・CO2排出量を算出すること、時系列的にデータを整備すること、最新年(現在は2006年)までのCO2排出量を求めること、を目的として、エネルギー起源に係る県別CO2排出量の推定を行う。
 本論文では、2006年までのエネルギー最終需要およびCO2排出量を都道府県別に各県同種の推定方法を用いて推定した。今後、より精緻な推計、既存統計との誤差に関する検証、毎年のデータの更新、等を行っていく予定である。

論題
都道府県別CO2排出量の推計
著者
水谷傑, 柴田善朗, 中上英俊, 室田泰弘
掲載誌
第23回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス講演論文集, pp.73-76,エネルギー・資源学会 ( 2007年1月 )

同じカテゴリの最新記事

生活行動に基づく需要発生メカニズムの検討 -在宅勤務を例に-

弊社 副主席研究員 水谷と研究員 岩本が、第41回エネルギー・資源学会研究発表会で研究発表を行いました。 【背景・目的】 近年デジタ... [続きを読む]

北海道における暖房の効率的利用を促すメッセージ手法の検証

北海道に在住のWEB調査モニター720名を、介入群3グループと対照群の計4グループに分け、介入群にはそれぞれ暖房の省エネ行動を促すメッセージをフレー... [続きを読む]

北海道における高効率エアコン選択を促すメッセージ手法の検証

北海道に在住のWEB調査モニター720名を、介入群3グループと対照群の計4グループに分け、仮想のエアコン購買場面での商品選択実験を行った。介入群には... [続きを読む]

若年層の環境意識向上を促す情報提供手法の実証調査

(1) 目的: 欧州を中心とする諸外国では気候変動に対する危機意識、関心がミレニアル世代やZ世代を中心に高まっており、ライフスタイルの変化や投票... [続きを読む]

住環境計画研究所

営業時間 9:30 – 17:30
TEL:03-3234-1177
お気軽にお問合せください