トピックス TOPICS

2015年のライフスタイルと家庭用エネルギー消費に関する調査 -(第2報)シナリオを用いた将来予測結果-

 本調査では、わが国における将来のライフスタイル注1)、技術進展を考慮した家庭用エネルギー需要を把握することを目的に、シナリオ分析による将来予測を行っている。
 その結果、ライフスタイルの変化は、家庭用エネルギー需要に影響を与えることが分かった。更に、省エネ政策の強化や高効率給湯器の普及拡大は、エネルギー削減に大きく寄与することも明らかとなった。今回の結果より住宅、設備機器の高効率化はエネルギー需要の削減に非常に有効であると共に、ライフスタイルの変化などの影響はエネルギー需要の変動要因となることから、今後のエネルギー政策を考えていく上では、これらの要因も考慮した施策を検討し、定期的に評価していく事が重要と考えられる。


注1)
ライフスタイルには多様なものがあるが、このうち本論では、エネルギー消費の使い方及び社会構造の変化が、エネルギー消費に大きな影響を与えると考えられる項目をライフスタイルの変化として扱う。

論題
2015年のライフスタイルと家庭用エネルギー消費に関する調査 -(第2報)シナリオを用いた将来予測結果-
著者
水谷傑, 中上英俊, 室田泰弘, 村越千春, 中村美紀子, 平山翔, 岸田真一
掲載誌
社団法人空気調和・衛生工学会, 学術講演会論文集, pp.1485-1488, 2008.08

同じカテゴリの最新記事

生活行動に基づく需要発生メカニズムの検討 -在宅勤務を例に-

弊社 副主席研究員 水谷と研究員 岩本が、第41回エネルギー・資源学会研究発表会で研究発表を行いました。 【背景・目的】 近年デジタ... [続きを読む]

北海道における暖房の効率的利用を促すメッセージ手法の検証

北海道に在住のWEB調査モニター720名を、介入群3グループと対照群の計4グループに分け、介入群にはそれぞれ暖房の省エネ行動を促すメッセージをフレー... [続きを読む]

北海道における高効率エアコン選択を促すメッセージ手法の検証

北海道に在住のWEB調査モニター720名を、介入群3グループと対照群の計4グループに分け、仮想のエアコン購買場面での商品選択実験を行った。介入群には... [続きを読む]

若年層の環境意識向上を促す情報提供手法の実証調査

(1) 目的: 欧州を中心とする諸外国では気候変動に対する危機意識、関心がミレニアル世代やZ世代を中心に高まっており、ライフスタイルの変化や投票... [続きを読む]

住環境計画研究所

営業時間 9:30 – 17:30
TEL:03-3234-1177
お気軽にお問合せください