トピックス TOPICS

住宅における温水暖房用燃焼系熱源機のエネルギー消費性能の評価 : (第2報)温水暖房用ガス熱源機の評価実験とモデル化

 エネルギー消費量を推定するためには出力に応じて変動する効率や送水ポンプや排気ファン等の補器の消費電力を把握する必要があるが、日本工業規格(JIS)に見られる現行の試験方法では定格出力に対応した効率を算定するのみである。住宅における負荷および熱源機にかかる出力は、低負荷領域から高負荷領域まで幅広く分布し、年間のエネルギー消費量あるいは年間平均効率等を求めるためには定格点における効率だけでは不十分であるといえ、様々な出力に対応した効率曲線を導出することが必須である。また、機器によっても効率曲線は異なり、かつ、新しい機種が市場に投入される度にそれらの効率曲線を決定する必要があることから、効率曲線決定に際し多大な労力と費用が掛かるのを防ぐために的確に性能を表現する指標とそれらの指標から効率曲線を展開するための方法を準備することが必要だといえる。そこで効率を表す指標から効率曲線導出を検討するに際し、熱交換器や放熱ロスなど熱収支バランスを解いた物理モデルを導入し、効率曲線の導出を行った。本調査ではガス熱源機のモデル化に関する検討結果について報告する。
なお、機種によっては、暖房用の温水(低温暖房)と浴室乾燥機などに用いられる温水(高温暖房)の 2 つの出力帯を有する熱源機があるが、本報では、暖房の用途に仕様される温水出力のみを対象とするため、モデル化を行うに際し低温暖房のみを対象に検討を行った。
本調査により、ガス熱源機の従来型と潜熱回収型において、暖房出力はガス消費量の一次関数で精度よく推計でき、熱交換器交換効率、筐体放熱ロスを同定することができれば、効率曲線を算出することができることが分かった。今後は熱交換器交換効率、筐体放熱ロスの更なる分析、同定方法の検討、また、本調査結果は単一機種による結果であるため、他の機種での精度検証についても行う予定である。
論題
住宅における温水暖房用燃焼系熱源機のエネルギー消費性能の評価 : (第2報)温水暖房用ガス熱源機の評価実験とモデル化
著者
中村 美紀子 , 水谷 傑 , 三浦 尚志 , 藤原 陽三
掲載誌
空気調和・衛生工学会大会学術講演会論文集, pp.673-676, 2012.08

同じカテゴリの最新記事

生活行動に基づく需要発生メカニズムの検討 -在宅勤務を例に-

弊社 副主席研究員 水谷と研究員 岩本が、第41回エネルギー・資源学会研究発表会で研究発表を行いました。 【背景・目的】 近年デジタ... [続きを読む]

北海道における暖房の効率的利用を促すメッセージ手法の検証

北海道に在住のWEB調査モニター720名を、介入群3グループと対照群の計4グループに分け、介入群にはそれぞれ暖房の省エネ行動を促すメッセージをフレー... [続きを読む]

北海道における高効率エアコン選択を促すメッセージ手法の検証

北海道に在住のWEB調査モニター720名を、介入群3グループと対照群の計4グループに分け、仮想のエアコン購買場面での商品選択実験を行った。介入群には... [続きを読む]

若年層の環境意識向上を促す情報提供手法の実証調査

(1) 目的: 欧州を中心とする諸外国では気候変動に対する危機意識、関心がミレニアル世代やZ世代を中心に高まっており、ライフスタイルの変化や投票... [続きを読む]

住環境計画研究所

営業時間 9:30 – 17:30
TEL:03-3234-1177
お気軽にお問合せください