トピックス TOPICS

ガス温水式床暖房の使用実態に関する研究 その1:稼働データに基づく使用時間の分析

パリ協定を踏まえ、国内における家庭部門の地球温暖化対策は喫緊の課題となっており、省エネ・省CO2を推進する上で、エネルギー消費の実態を適切に把握することが重要となっている。近年は、IoTを活用して設備機器の稼働状況等の情報をオンラインで収集し、収集した運転情報を基にエネルギーの見える化や見守りサービス等を提供する事業者が増えている。これらのデータを用いることで、従来、設備機器の使用時間等を把握するためにはアンケート調査や計測器を用いた実測が必要であったが、オンラインより得られる膨大なデータを分析することで、時間と労力をかけずに設備機器の運転状況や使用実態を詳細に把握することが可能である。本報は、使い方の実態が様々に想定されるガス温水式床暖房(以下、床暖房)に着目し、IoTを活用して床暖房ユーザーより得られる運転情報を収集し、それらのデータを基にした使用実態の分析結果について報告する。
本報では近畿地方におけるガス温水式床暖房の稼働状況等の情報を活用して使用実態を分析し、以下の知見を得た。
・床暖房設置世帯のうち 1 割弱は床暖房不使用であった。
・12~2月の寒い時期に床暖房を使用している日数は戸建世帯で約75%であり、床暖房以外の暖房設備を単独若しくは併用して使用している可能性が示唆された。
・床暖房使用世帯の使用時間は集計期間全体で5.8時間/日で、最も使用時間の長い1月は8.5時間/日であった。

論題
ガス温水式床暖房の使用実態に関する研究 その1:稼働データに基づく使用時間の分析
著者
秋元孝之,水谷傑,中村美紀子
掲載誌
日本建築学会大会学術講演梗概集(関東),P1835-1836,2020年9月

同じカテゴリの最新記事

生活行動に基づく需要発生メカニズムの検討 -在宅勤務を例に-

弊社 副主席研究員 水谷と研究員 岩本が、第41回エネルギー・資源学会研究発表会で研究発表を行いました。 【背景・目的】 近年デジタ... [続きを読む]

北海道における暖房の効率的利用を促すメッセージ手法の検証

北海道に在住のWEB調査モニター720名を、介入群3グループと対照群の計4グループに分け、介入群にはそれぞれ暖房の省エネ行動を促すメッセージをフレー... [続きを読む]

北海道における高効率エアコン選択を促すメッセージ手法の検証

北海道に在住のWEB調査モニター720名を、介入群3グループと対照群の計4グループに分け、仮想のエアコン購買場面での商品選択実験を行った。介入群には... [続きを読む]

若年層の環境意識向上を促す情報提供手法の実証調査

(1) 目的: 欧州を中心とする諸外国では気候変動に対する危機意識、関心がミレニアル世代やZ世代を中心に高まっており、ライフスタイルの変化や投票... [続きを読む]

住環境計画研究所

営業時間 9:30 – 17:30
TEL:03-3234-1177
お気軽にお問合せください