トピックス TOPICS

令和元年度建築基準整備促進事業の成果報告が国土交通省HPに掲載されました

弊社・株式会社住環境計画研究所は、国土交通省の事業「建築基準整備促進事業」の中の研究課題「E10 住宅における蓄電・蓄熱された電力・熱の評価の基盤整備」を、東京大学大学院工学系研究科 前研究室と共同で受託し、平成30年度および令和元年度の2か年に渡り実施しました。

弊社は、蓄電に関する評価法構築に向けた技術の調査を担当しました。
ここでは、太陽光発電システムと併せて蓄電設備を有する住宅における余剰電力の蓄電を、建築物省エネ法の一次エネルギー消費量の評価対象とするにあたり必要となる基礎情報を整備して、評価法の提案を行うとともに、その課題を整理しました。

当該事業の成果報告資料が、国土交通省の建築基準整備促進事業HPに掲載されました。
例年は4月に成果報告会が開催されていましたが、今年度は新型コロナウィルスの感染拡大により、開催が中止となった関係で、対外的な成果報告は国土交通省HPでの資料公開のみとなっております。

関連資料

同じカテゴリの最新記事

お知らせ

第11回 気候変動・省エネルギー行動会議「BECC JAPAN 2024」参加募集のお知らせ

弊社が事務局を務めます「BECC JAPAN 2024」では、現在、参加募集を行っております。 ◯参加申込期間 本日募集開始時~ 9月19日(木)10:00 ※交流... [続きを読む]

採用情報(新卒・キャリア)

住環境計画研究所は現在、研究員を募集しています。 ご関心をお持ちの方は、採用に関するお問い合わ... [続きを読む]
お知らせ

第11回気候変動・省エネルギー行動会議「BECC JAPAN 2024」開催決定および発表募集開始のお知らせ

弊社が事務局を務めます「気候変動・省エネルギー行動会議 BECC JAPAN」は、本年も、第11回目となるBECC JAPAN 2024を開催することが決定いたしまし... [続きを読む]
お知らせ 論文

「図解でわかる次世代ヒートポンプ技術~カーボンニュートラルを実現する冷温熱利用技術~」出版

早稲田大学基幹理工学部の斎藤潔教授が会長を務める、早稲田大学次世代ヒートポンプ技術戦略コンソーシアムが、著書「... [続きを読む]
お知らせ

脱炭素行動促進アプリの実証校に大阪府堺市の 2 校を追加

 株式会社住環境計画研究所(代表取締役会長:中上 英俊、以下「住環境計画研究所」)と株式会社トインクス(代表取締役社長:八代 浩久、以下「トイ... [続きを読む]

住環境計画研究所

営業時間 9:30 – 17:30
TEL:03-3234-1177
お気軽にお問合せください