トピックス TOPICS

弊社がタイ地方配電公社等と共同実施した調査・実証事業の結果がIGESのレポートに掲載されました

弊社は、タイの家庭部門におけるエネルギー消費実態および省エネ行動促進手法に関する調査・実証事業「Promoting Household Energy Conservation through Feedback Services and Home Energy Audit on Residential Sustainable Lifestyle Programmes」をタイ地方配電公社(PEA:Provincial Electricity Authority)等と共同実施いたしました。

本事業は、「国連持続可能な消費と生産に係る10年計画の枠組み(10YFP)における持続可能なライフスタイル及び教育(SLE)プログラム」の一環として実施されたものです。

本事業の概要及び成果は、公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)の英文レポート「Co-Creating Sustainable Ways of Living – 17 Stories of On-the-Ground Innovations」に掲載されました。

■IGES「Co-Creating Sustainable Ways of Living – 17 Stories of On-the-Ground Innovations」(2020年9月)
https://www.iges.or.jp/jp/pub/co-creating-sustainable-ways-living/en

※10YFP:「The 10-Year Framework of Programmes on Sustainable Consumption and Production」の略。世界の消費・生産パターンを資源効率性の高い、低炭素で持続可能なものに変革することを目指す国連の取組。2012年にリオ+20にて採択。
※SLE:「Sustainable Lifestyles and Eductaion」の略。10YFPを構成する6つのプログラムのひとつ。日本の環境省、スウェーデン政府、世界自然保護基金(WWF)がプログラムの共同リード機関。

同じカテゴリの最新記事

生活行動に基づく需要発生メカニズムの検討 -在宅勤務を例に-

弊社 副主席研究員 水谷と研究員 岩本が、第41回エネルギー・資源学会研究発表会で研究発表を行いました。 【背景・目的】 近年デジタ... [続きを読む]

北海道における暖房の効率的利用を促すメッセージ手法の検証

北海道に在住のWEB調査モニター720名を、介入群3グループと対照群の計4グループに分け、介入群にはそれぞれ暖房の省エネ行動を促すメッセージをフレー... [続きを読む]

北海道における高効率エアコン選択を促すメッセージ手法の検証

北海道に在住のWEB調査モニター720名を、介入群3グループと対照群の計4グループに分け、仮想のエアコン購買場面での商品選択実験を行った。介入群には... [続きを読む]

省エネ教育プログラムの実証結果が環境省の報道発表で紹介されました

弊社が実施した環境省ナッジ事業の成果が環境省の報道発表で紹介されました 環境省委託事業「低炭素型の行動変容を促す情報発信(ナッジ)... [続きを読む]

弊社が実施したカーボンプライシングに関する調査報告書が日本LPガス協会のHPで公開されました

弊社が実施いたしました日本LPガス協会委託調査「カーボンプライシングに関する調査」の報告書が日本LPガス協会のホームページに掲載されました。 国... [続きを読む]

住環境計画研究所

営業時間 9:30 – 17:30
TEL:03-3234-1177
お気軽にお問合せください