トピックス TOPICS

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に伴う外出自粛による家庭のエネルギー消費への影響分析(第一報)

株式会社住環境計画研究所(代表取締役会長:中上英俊、東京都千代田区紀尾井町3-29 紀尾井町アークビル3 階)と株式会社インテージ(代表取締役社長:檜垣歩、東京都千代田区神田練塀町3 番地インテージ秋葉原ビル)は共同で、COVID-19 の感染拡大に伴う外出自粛が家庭のエネルギー消費やライフスタイルに与えた影響を検討するための調査を2020 年6 月26~29 日に実施しました。

この度、第一報として就業者のいる世帯に関する集計を実施し、在宅勤務のエネルギー消費への影響と在宅勤務実施世帯の特徴について取りまとめましたので、ご報告いたします。

本報告でのポイントは下記の5 点です。詳細はpdfファイルをご覧ください。


1) 在宅勤務とエネルギー消費量の関係:集合住宅に住む単身世帯では、在宅勤務実施がエネルギー消費量に与える影響が大きい。

2) 在宅勤務実施世帯の省エネ意識: 在宅勤務日数の増えた世帯では、省エネ意識が高まった世帯と少々緩んだ世帯がそれぞれ若干増加している。

3) 在宅勤務実施世帯における負担感・満足度: 在宅勤務日数が増えると、仕事の負担を感じる割合が若干増加している。一方で生活全般については、不満を感じる割合も、満足を感じる割合も若干増加している。

4) 在宅勤務と自宅での調理食数: 在宅勤務日数の増えた世帯において、平日昼の調理食数が顕著に増加している。

5) 在宅勤務と光熱費の感じ方: 在宅勤務日数が増えると、光熱費が増えたと感じる割合が高くなり、今夏の光熱費を心配する割合も高くなっている。


続報は取りまとめ次第、随時報告する予定です。

【本件に関するお問い合わせ】

株式会社住環境計画研究所 担当:岡本・岩本
Tel:03-3234-1177
E-mail:web(at)jyuri.co.jp ※(at)は@に書き換えてください。

株式会社インテージ カスタムリサーチ事業本部 担当:甲斐・秋谷
Tel:03-5294-8338

関連資料

同じカテゴリの最新記事

生活行動に基づく需要発生メカニズムの検討 -在宅勤務を例に-

弊社 副主席研究員 水谷と研究員 岩本が、第41回エネルギー・資源学会研究発表会で研究発表を行いました。 【背景・目的】 近年デジタ... [続きを読む]

北海道における暖房の効率的利用を促すメッセージ手法の検証

北海道に在住のWEB調査モニター720名を、介入群3グループと対照群の計4グループに分け、介入群にはそれぞれ暖房の省エネ行動を促すメッセージをフレー... [続きを読む]

北海道における高効率エアコン選択を促すメッセージ手法の検証

北海道に在住のWEB調査モニター720名を、介入群3グループと対照群の計4グループに分け、仮想のエアコン購買場面での商品選択実験を行った。介入群には... [続きを読む]

省エネ教育プログラムの実証結果が環境省の報道発表で紹介されました

弊社が実施した環境省ナッジ事業の成果が環境省の報道発表で紹介されました 環境省委託事業「低炭素型の行動変容を促す情報発信(ナッジ)... [続きを読む]

弊社が実施したカーボンプライシングに関する調査報告書が日本LPガス協会のHPで公開されました

弊社が実施いたしました日本LPガス協会委託調査「カーボンプライシングに関する調査」の報告書が日本LPガス協会のホームページに掲載されました。 国... [続きを読む]

住環境計画研究所

営業時間 9:30 – 17:30
TEL:03-3234-1177
お気軽にお問合せください