トピックス TOPICS

混合モード調査の統合集計方法の検討

 環境省の一般統計調査である「家庭からの二酸化炭素排出量の推計に係る実態調査 全国試験調査」は、住民基本台帳からの無作為抽出による調査(以下、「調査員調査」)と、インターネット調査会社の調査モニターからの抽出による調査(以下、「IM調査」)を組み合わせた混合モードによる調査として実施された。
 本報告では、調査員調査とIM調査のそれぞれから得られた推定値を統合して集計するために、複数の方法について検討した。

論題
混合モード調査の統合集計方法の検討
著者
水谷傑,鶴崎敬大,岡本洋明,中上英俊,美添泰人,土屋隆裕
掲載誌
2017年度統計関連学会連合大会講演報告集,P313,2017年9月

同じカテゴリの最新記事

若年層の環境意識向上を促す情報提供手法の実証調査

(1) 目的: 欧州を中心とする諸外国では気候変動に対する危機意識、関心がミレニアル世代やZ世代を中心に高まっており、ライフスタイルの変化や投票... [続きを読む]

「省エネ教育」に関する指導者向け教育教材の開発[持続可能な社会を目指して、家庭・地域での実践につなげる「今日からはじめる省エネ教育」]

(1) 目的: 新学習指導要領において、持続可能な社会の作り手の育成について前文で言及されたことは特筆すべきである。しかし現状は、学習指導要領や... [続きを読む]

省エネ教育プログラムにおけるオンライン授業の効果

(1) 目的: GIGAスクール構想では、「1人1台端末・高速通信環境」により学習活動の一層の充実と主体的・対話的で深い学びの視点からの授業改善が提案... [続きを読む]

省エネ教育推進による家庭部門の省エネ・省CO2の可能性[小中高等学校における省エネ教育効果の検証]

(1) 目的: 気候変動による異常気象は喫緊の課題であり、気候変動枠組み条約においても気候変動教育の重要性が示されている。しかし、これらの教育が... [続きを読む]

住環境計画研究所

営業時間 9:30 – 17:30
TEL:03-3234-1177
お気軽にお問合せください