トピックス TOPICS

テキストマイニングを用いた省エネルギーへの態度・行動の質的変化:旭川「Ene-Ecoプロジェクト」の事例研究

家庭での省エネルギー行動を普及させる取り組みは多いが、長期に渡る質的な変化について追跡した研究は希少である。本研究では一年間にわたる省エネプロジェクト参加者の質的側面の時系列的変化を探索的に明らかにすることを目的とし、プロジェクトを通じて省エネに取り組んでいる家庭に対し行ったグループインタビュー中の発言内容をテキストマイニングによって分析した。結果から、プロジェクト開始半年後の時点では、事前の診断や調査において提示された行動項目の範囲で、金銭的なこと、暖房に関すること、取り組みの効果の実感しやすさ等の内容について発言するにとどまっていたが、一年経過後のインタビューでは、家族全体の生活様式の変化や、うちエコ診断にない新たな項目への挑戦などに関する発言が増えており、省エネ行動の実践の程度がより深まっていることが確認された。

論題
テキストマイニングを用いた省エネルギーへの態度・行動の質的変化:旭川「Ene-Ecoプロジェクト」の事例研究
著者
小林翼・大沼進・森康浩
掲載誌
環境情報科学学術研究論文集, Vol28, 37-42.(査読付き論文)

同じカテゴリの最新記事

生活行動に基づく需要発生メカニズムの検討 -在宅勤務を例に-

弊社 副主席研究員 水谷と研究員 岩本が、第41回エネルギー・資源学会研究発表会で研究発表を行いました。 【背景・目的】 近年デジタ... [続きを読む]

若年層の環境意識向上を促す情報提供手法の実証調査

(1) 目的: 欧州を中心とする諸外国では気候変動に対する危機意識、関心がミレニアル世代やZ世代を中心に高まっており、ライフスタイルの変化や投票... [続きを読む]

「省エネ教育」に関する指導者向け教育教材の開発[持続可能な社会を目指して、家庭・地域での実践につなげる「今日からはじめる省エネ教育」]

(1) 目的: 新学習指導要領において、持続可能な社会の作り手の育成について前文で言及されたことは特筆すべきである。しかし現状は、学習指導要領や... [続きを読む]

省エネ教育プログラムにおけるオンライン授業の効果

(1) 目的: GIGAスクール構想では、「1人1台端末・高速通信環境」により学習活動の一層の充実と主体的・対話的で深い学びの視点からの授業改善が提案... [続きを読む]

住環境計画研究所

営業時間 9:30 – 17:30
TEL:03-3234-1177
お気軽にお問合せください