トピックス TOPICS

「2017年度日本建築学会大会(中国)学術講演会」にて調査研究報告

平成29年8月31日(木)~9月3日(日)に開催予定の「2017年度日本建築学会大会(中国)学術講演会(広島工業大学)」にて、中村、平山、水谷、矢田、岡本の研究報告を予定しています。

 

●主任研究員:平山 翔
題目:暖房制御と見える化システムを備えた省エネサポートシステムの開発
その2 省エネサポートアプリによる情報提供手法開発と省エネルギー効果の検証
著者・共著者:平山翔、鶴崎敬大、中村美紀子(住環境計画研究所)、若狭 純一、徳田彩佳(北海道ガス株式会社)

●主席研究員:中村 美紀子
題目:暖房制御と見える化システムを備えた省エネサポートシステムの開発
その3 省エネサポートシステム導入世帯の温熱環境
著者・共著者:中村美紀子、鶴崎敬大、平山 翔(住環境計画研究所)、若狭 純一、徳田彩佳(北海道ガス株式会社)

※以上2報は「その1 省エネサポートシステムの概要」(北海道ガスからの報告予定)との連報です。

 

●主任研究員:水谷 傑
題目:家庭部門における照明用CO2排出量に関する研究
その1 照明点灯時間の実測結果とアンケート調査結果の比較
著者・共著者:水谷傑、岸田真一、高山あずさ、矢田麻衣、岡本洋明、鶴崎敬大(住環境計画研究所)

●研究員:矢田 麻衣
題目:家庭部門における照明用CO2排出量に関する研究
その2 LED照明への切替によるCO2削減ポテンシャル
著者・共著者:矢田麻衣、水谷傑、鶴崎敬大(住環境計画研究所)

 

●研究員:岡本 洋明
題目:業務用コージェネレーション設備の性能評価手法の高度化に向けた調査
その1 導入状況および運転状況等の把握のためのアンケート調査
著者・共著者:岡本洋明、中村美紀子(住環境計画研究所)、住吉大輔、坂口雄一、伊藤竜一(九州大学)、桑沢保夫、宮田征門(国土技術政策総合研究所)

※「その2 現場管理状況等把握のためのヒアリング調査」および「その3 実測データに基づく性能特性分析」(ともに九州大学からの報告予定)との連報です。

同じカテゴリの最新記事

生活行動に基づく需要発生メカニズムの検討 -在宅勤務を例に-

弊社 副主席研究員 水谷と研究員 岩本が、第41回エネルギー・資源学会研究発表会で研究発表を行いました。 【背景・目的】 近年デジタ... [続きを読む]

北海道における暖房の効率的利用を促すメッセージ手法の検証

北海道に在住のWEB調査モニター720名を、介入群3グループと対照群の計4グループに分け、介入群にはそれぞれ暖房の省エネ行動を促すメッセージをフレー... [続きを読む]

北海道における高効率エアコン選択を促すメッセージ手法の検証

北海道に在住のWEB調査モニター720名を、介入群3グループと対照群の計4グループに分け、仮想のエアコン購買場面での商品選択実験を行った。介入群には... [続きを読む]

省エネ教育プログラムの実証結果が環境省の報道発表で紹介されました

弊社が実施した環境省ナッジ事業の成果が環境省の報道発表で紹介されました 環境省委託事業「低炭素型の行動変容を促す情報発信(ナッジ)... [続きを読む]

弊社が実施したカーボンプライシングに関する調査報告書が日本LPガス協会のHPで公開されました

弊社が実施いたしました日本LPガス協会委託調査「カーボンプライシングに関する調査」の報告書が日本LPガス協会のホームページに掲載されました。 国... [続きを読む]

住環境計画研究所

営業時間 9:30 – 17:30
TEL:03-3234-1177
お気軽にお問合せください