トピックス TOPICS

吸収冷凍機を用いたガスエンジンヒートポンプエアコンの高効率化 -第1報:エンジン排熱駆動空冷吸収冷凍機の開発-

ガスエンジンヒートポンプ(GHP)の定格効率と部分負荷効率の向上を目的として,エンジン排熱駆動の冷凍能力8 kW空冷吸収冷凍機の開発を行なった。GHP室外機内の空間に組み込み可能なコンパクトな吸収式缶体を実現するために,空冷過冷却断熱吸収器と流下液膜プレート式再生器を新たに開発した。吸収式試作機と冷凍能力56 kWGHPとの組合せ試験の結果,最大冷凍能力は約18%増加し,COPは定格で40%,部分負荷で最大45%向上することを確認した。

論題
吸収冷凍機を用いたガスエンジンヒートポンプエアコンの高効率化 -第1報:エンジン排熱駆動空冷吸収冷凍機の開発-
著者
川上隆一郎, 今井和哉, 中島秀和, 岡本洋明, 飛原英治
掲載誌
日本冷凍空調学会論文集, Vol.28(2), 45, 2011.

同じカテゴリの最新記事

生活行動に基づく需要発生メカニズムの検討 -在宅勤務を例に-

弊社 副主席研究員 水谷と研究員 岩本が、第41回エネルギー・資源学会研究発表会で研究発表を行いました。 【背景・目的】 近年デジタ... [続きを読む]

北海道における暖房の効率的利用を促すメッセージ手法の検証

北海道に在住のWEB調査モニター720名を、介入群3グループと対照群の計4グループに分け、介入群にはそれぞれ暖房の省エネ行動を促すメッセージをフレー... [続きを読む]

北海道における高効率エアコン選択を促すメッセージ手法の検証

北海道に在住のWEB調査モニター720名を、介入群3グループと対照群の計4グループに分け、仮想のエアコン購買場面での商品選択実験を行った。介入群には... [続きを読む]

若年層の環境意識向上を促す情報提供手法の実証調査

(1) 目的: 欧州を中心とする諸外国では気候変動に対する危機意識、関心がミレニアル世代やZ世代を中心に高まっており、ライフスタイルの変化や投票... [続きを読む]

住環境計画研究所

営業時間 9:30 – 17:30
TEL:03-3234-1177
お気軽にお問合せください