トピックス TOPICS

微燃性冷媒漏洩時の可燃領域評価

モントリオール議定書により使用が禁止された冷媒CFCやHCFCの代替冷媒として,現在はHFCが普及しているが,既存のHFC冷媒はGWPが高いために,フロン排出抑制法により排出量削減の対象となっている.そこで,既存HFC冷媒に比べGWPが低いR32やR1234yfなどの冷媒が,次世代冷媒として注目されている.しかしこれらには微燃性を有するものが多い.
安全基準の作成の際,冷媒の拡散現象を理解することは重要となるが,大空間における冷媒漏洩試験は困難である.そのため本研究では数値解析により,冷媒が漏洩した時の可燃領域体積およびその持続時間を求めた.本報では,水冷チラーから機械室内への漏洩と,屋外に設置されている空冷チラーからの漏洩について検討した.

論題
微燃性冷媒漏洩時の可燃領域評価
著者
岡本洋明, 党超鋲, 飛原英治
掲載誌
空気調和・冷凍連合講演会講演論文集(東京), 15-037, 2015年4月

同じカテゴリの最新記事

論文

住宅における家具の熱容量に関する調査 その2 家具別試算結果(前半)

副主席研究員の水谷が、2023年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会で発表を行いました。 ... [続きを読む]

ユーザー視点から期待される今後のヒートポンプの役割についての検討

世界的な潮流としてカーボンニュートラルやサーキュラー・エコノミーへの移行に対する要請が高まる等、ヒートポンプを取り巻く社会状況も大きく変化し... [続きを読む]

高効率エアコン導入を促すメッセージの検証

(1)目的 北海道は家庭部門からの排出のうち、灯油暖房が占める割合が高いことが特徴であることから、暖房の熱源転換に向けた行動変容が課題となっ... [続きを読む]

オフィステナントの脱炭素化を促進する「ナッジ x デジタル」ゲーミフィケーション

英国のGBC(グリーンビルディングカウンシル)によると、ビルから排出されるCO2の約85%が、ビルの入居者の活動から発生している。世界のCO2排出の約3... [続きを読む]

学校向け脱炭素Webアプリの開発と実証について

2022 年度の環境省事業「ナッジ×デジタルによる脱炭素型ライフスタイル転換促進事業」に参画し,"学校"というコミュニティ向けに Web アプリを用いて... [続きを読む]

住環境計画研究所

営業時間 9:30 – 17:30
TEL:03-3234-1177
お気軽にお問合せください