トピックス TOPICS

Detailed end-use metering of domestic appliances in Japan

 東日本大震災以降、ほぼすべての原子力発電所が停止し、節電対策がより重要になっているが、家庭用電気機器の電力需要の削減対策を評価するためのデータベースは未だ不十分である。
 本研究では、首都圏と北海道の56世帯において実施した家電製品のモニタリング調査と照明の使用実態に関するアンケート調査を実施した。
 主な結果は以下の通り。
・家庭用電力需要の内訳を推計した結果、家庭の年間電力消費量のうち首都圏では79%、北海道では87%の機器別内訳を把握した。
・東京電力管内の夏期ピーク需要発生時刻において、家庭用の電力消費量の38%をエアコンが占め、エアコン、冷蔵庫及びテレビの合計で70%を占めた。
・6種類の家電製品について、エネルギー消費効率基準(省エネルギー基準)に基づく年間電力消費量の表示値と実測値を比較した結果、冷蔵庫では実測値が表示値の1.6倍となった。
・テレビとDVDレコーダーも実測値が表示値を上回ったが、電子レンジ、炊飯器及び電気便座は実測値が表示値を下回った。

論題:
 Detailed end-use metering of domestic appliances in Japan

著者:
 鶴崎敬大, 辻丸達憲, 村越千春, 中上英俊

掲載誌:
 Proceedings of the 7th International Conference on Energy Efficiency in Domestic Appliances and Lighting (EEDAL’13) ( 2013年9月 )

論題
Detailed end-use metering of domestic appliances in Japan
著者
Takahiro TSURUSAKI, Tatsunori TSUJIMARU, Chiharu MURAKOSHI, Hidetoshi NAKAGAMI
掲載誌
Proceedings of the 7th International Conference on Energy Efficiency in Domestic Appliances and Lighting (EEDAL’13) ( 2013年9月 )

関連資料

同じカテゴリの最新記事

生活行動に基づく需要発生メカニズムの検討 -在宅勤務を例に-

弊社 副主席研究員 水谷と研究員 岩本が、第41回エネルギー・資源学会研究発表会で研究発表を行いました。 【背景・目的】 近年デジタ... [続きを読む]

北海道における暖房の効率的利用を促すメッセージ手法の検証

北海道に在住のWEB調査モニター720名を、介入群3グループと対照群の計4グループに分け、介入群にはそれぞれ暖房の省エネ行動を促すメッセージをフレー... [続きを読む]

北海道における高効率エアコン選択を促すメッセージ手法の検証

北海道に在住のWEB調査モニター720名を、介入群3グループと対照群の計4グループに分け、仮想のエアコン購買場面での商品選択実験を行った。介入群には... [続きを読む]

若年層の環境意識向上を促す情報提供手法の実証調査

(1) 目的: 欧州を中心とする諸外国では気候変動に対する危機意識、関心がミレニアル世代やZ世代を中心に高まっており、ライフスタイルの変化や投票... [続きを読む]

住環境計画研究所

営業時間 9:30 – 17:30
TEL:03-3234-1177
お気軽にお問合せください