トピックス TOPICS

住宅電力消費量の計測時間間隔による評価と活用に関する研究

民生家庭部門においても益々エネルギー消費の削減が求められる中、今後は供給側のみならず需要側における対策が重要である。デマンドサイドマネジメント、分散型エネルギーシステムの導入、高効率機器の使用、エネルギー使用量のフィードバックによる省エネルギー意識の向上といった需要側の取組を促進させるためには、エネルギー消費量の評価方法についてさらなる検討の余地があり、特に時間間隔の評価が重要である。本研究では、エネルギー自立型の住宅を目指す観点から、住宅のエネルギー消費の多くを占める電力について、実測値を用いて計測時間間隔による電力消費量の評価を行った。そして、1日の電力消費量の最大値発生時と低負荷時に着目し、時間間隔によるデマンド制御への活用評価と、時間間隔が家庭用燃料電池コージェネレーションシステム(FC-CGS)の発電効率に与える影響について明らかにすることを目的とした。本研究で得られた知見として、時間間隔により最大値発生時刻がシフトし、特に冬期は時間間隔が広くなるにつれ、最大値が朝晩で入れ替わる現象が確認された。また、時間間隔が分電盤の機器別制御の評価に与える影響では、1分と5分間隔ではピークの原因となる機器が特定でき、ピークシフトやピークカットといったデマンド制御に有効である結果となった。さらに、低負荷時に発電効率が落ちるFC-CGSでは、時間間隔が15分以上だと発電効率が過大評価される場合があり、FC-CGSの導入評価を行う際には5分間隔程度が望ましいことが明らかとなった。

論題
住宅電力消費量の計測時間間隔による評価と活用に関する研究
著者
矢田 麻衣, 長岡 篤, 金島 正治
掲載誌
日本建築学会環境系論文集, Vol. 81 (2016) No. 720, pp. 247-254

同じカテゴリの最新記事

生活行動に基づく需要発生メカニズムの検討 -在宅勤務を例に-

弊社 副主席研究員 水谷と研究員 岩本が、第41回エネルギー・資源学会研究発表会で研究発表を行いました。 【背景・目的】 近年デジタ... [続きを読む]

北海道における暖房の効率的利用を促すメッセージ手法の検証

北海道に在住のWEB調査モニター720名を、介入群3グループと対照群の計4グループに分け、介入群にはそれぞれ暖房の省エネ行動を促すメッセージをフレー... [続きを読む]

北海道における高効率エアコン選択を促すメッセージ手法の検証

北海道に在住のWEB調査モニター720名を、介入群3グループと対照群の計4グループに分け、仮想のエアコン購買場面での商品選択実験を行った。介入群には... [続きを読む]

若年層の環境意識向上を促す情報提供手法の実証調査

(1) 目的: 欧州を中心とする諸外国では気候変動に対する危機意識、関心がミレニアル世代やZ世代を中心に高まっており、ライフスタイルの変化や投票... [続きを読む]

住環境計画研究所

営業時間 9:30 – 17:30
TEL:03-3234-1177
お気軽にお問合せください