トピックス TOPICS

目黒区における住宅のエネルギー消費量の削減に関する研究 第3報 エネルギー消費量の削減可能性

本研究では、低負荷型ライフスタイルの実行度によりライフスタイルを標準型と節約型に設定し、 太陽光発電、太陽熱温水器、電気自動車を導入した際のエネルギー消費量の削減可能性とエネルギー自給率を明らかにした。CASE1を系統電力と都市ガスを使用する従来型、CASE2を3.45kWの太陽光発電、CASE3を2.45kWの太陽光発電と太陽熱給湯器、CASE4を3.45kWの太陽光発電と電気自動車を導入したモデルと設定し、CASE1とCASE2~4を比較した際の自給率を算定した。ライフスタイル標準型の場合、冬期ではCASE3、CASE4 共に自給率25%、節約型の場合 CASE4 の 52%が最も自給率が高い結果となった。8 月の場合は給湯需要が小さいため、標準型、節約型共にCASE4 の自給率が高く、30%となった。

論題
目黒区における住宅のエネルギー消費量の削減に関する研究 第3報 エネルギー消費量の削減可能性
著者
矢田麻衣, 朴省俊, 湯浅和博, 藤井修二, 中野陽一郎
掲載誌
日本建築学会大会学術講演梗概集, pp.697-698,(一社)日本建築学会 ( 2012年9月 )

同じカテゴリの最新記事

生活行動に基づく需要発生メカニズムの検討 -在宅勤務を例に-

弊社 副主席研究員 水谷と研究員 岩本が、第41回エネルギー・資源学会研究発表会で研究発表を行いました。 【背景・目的】 近年デジタ... [続きを読む]

北海道における暖房の効率的利用を促すメッセージ手法の検証

北海道に在住のWEB調査モニター720名を、介入群3グループと対照群の計4グループに分け、介入群にはそれぞれ暖房の省エネ行動を促すメッセージをフレー... [続きを読む]

北海道における高効率エアコン選択を促すメッセージ手法の検証

北海道に在住のWEB調査モニター720名を、介入群3グループと対照群の計4グループに分け、仮想のエアコン購買場面での商品選択実験を行った。介入群には... [続きを読む]

若年層の環境意識向上を促す情報提供手法の実証調査

(1) 目的: 欧州を中心とする諸外国では気候変動に対する危機意識、関心がミレニアル世代やZ世代を中心に高まっており、ライフスタイルの変化や投票... [続きを読む]

住環境計画研究所

営業時間 9:30 – 17:30
TEL:03-3234-1177
お気軽にお問合せください