トピックス TOPICS

電力・給湯需要のばらつきが固体酸化物形燃料電池コージェネレーション システムの導入に与える影響―集合住宅へのコージェネレーションシス テムの導 入方法に関する研究 その1

住宅用コージェネレーションシステム(CGS)は天候に左右されない安定した省エネルギー機器として導入に対する期待は大きい。住宅用CGSは主に戸建住宅を対象に導入が進められているが、都市及び近郊に多く立地する集合住宅における導入も検討すべき課題である。集合住宅内における複数世帯間での共有や、共用部への電力融通も含めたフロア内での共有といった、住宅用CGSの最適な導入方法を検討する上で、世帯の違いによるエネルギー需要のばらつきを考慮する必要がある。本報では世帯間の電力・給湯需要のばらつきが固体酸化物型燃料電池(SOFC)-CGSの導入効果に与える影響を明らかにすることを目的とした。アンケート調査と既往研究結果を基に、世帯構成・ライフスタイル・機器性能・朝シャワーの有無をパラメータとして50世帯の集合住宅モデルを作成し、SOFC-CGSを導入した場合のエネルギー削減率を算出した。50世帯の導入効果は削減率で23%から-24%と大きく異なり、32世帯において10%以上の削減率となった。20%以上の削減率が見られた世帯は多消費型ライフスタイル・標準または旧式機器・朝シャワーあり、または標準型ライフスタイル・旧式機器・朝シャワーありの世帯となった。削減率が0%未満の世帯は全て節約型ライフスタイルである。SOFC-CGS導入前一次エネルギー消費量が52GJ/年より小さい世帯では削減率が大きく低下し、SOFC-CGSの導入効果が得られない可能性が高いため、他の世帯と共有する等、導入方法に注意が必要である。

論題
電力・給湯需要のばらつきが固体酸化物形燃料電池コージェネレーション システムの導入に与える影響―集合住宅へのコージェネレーションシス テムの導 入方法に関する研究 その1
著者
湯浅和博,矢田麻衣,新野将平,朴省俊
掲載誌
日本建築学会環境系論文集, 第80巻,第712号, pp.543-550(一社)日本建築学会 ( 2015年6月 )

同じカテゴリの最新記事

論文

住宅における家具の熱容量に関する調査 その2 家具別試算結果(前半)

副主席研究員の水谷が、2023年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会で発表を行いました。 ... [続きを読む]

ユーザー視点から期待される今後のヒートポンプの役割についての検討

世界的な潮流としてカーボンニュートラルやサーキュラー・エコノミーへの移行に対する要請が高まる等、ヒートポンプを取り巻く社会状況も大きく変化し... [続きを読む]

高効率エアコン導入を促すメッセージの検証

(1)目的 北海道は家庭部門からの排出のうち、灯油暖房が占める割合が高いことが特徴であることから、暖房の熱源転換に向けた行動変容が課題となっ... [続きを読む]

オフィステナントの脱炭素化を促進する「ナッジ x デジタル」ゲーミフィケーション

英国のGBC(グリーンビルディングカウンシル)によると、ビルから排出されるCO2の約85%が、ビルの入居者の活動から発生している。世界のCO2排出の約3... [続きを読む]

学校向け脱炭素Webアプリの開発と実証について

2022 年度の環境省事業「ナッジ×デジタルによる脱炭素型ライフスタイル転換促進事業」に参画し,"学校"というコミュニティ向けに Web アプリを用いて... [続きを読む]

住環境計画研究所

営業時間 9:30 – 17:30
TEL:03-3234-1177
お気軽にお問合せください