トピックス TOPICS

既存集合住宅を対象としたコージェネレーションシステムの導入可能性

新築の集合住宅ではコー ジェネレーション等の高効率な設備システムを導入した事例も見られるが、既存集合住宅の場合には改修時の設備更新等の事例は少ない。本研究では、東京都の既存集合住宅にコージェネレーションシステムを導入することを前提とし、システムの設置場所の確保の点から導入可能量を推定した。設置場所別に、23 区の中で最も導入容量が大きいのは、敷地:世田谷区(41MW)、駐車場:大田区 (56MW)、屋上:大田区(75MW)となり、東京都における総導入可能量は敷地450MW、駐車場649MW、屋上896MWとなった。

論題
既存集合住宅を対象としたコージェネレーションシステムの導入可能性
著者
矢田麻衣, 劉正賢, 湯浅和博
掲載誌
日本建築学会大会学術講演梗概集, pp.767-768,(一社)日本建築学会 ( 2010年7月 )

同じカテゴリの最新記事

LCCM住宅における家庭用蓄電池・太陽光発電設備一体型システムの特性把握研究 その6 評価モデルによる感度解析

家庭用蓄電池システムについては、災害等における停電時の非常用電源や、太陽光発電等自然エネルギー由来電力の固定価格買取制度における買取価格の低... [続きを読む]

住環境計画研究所

営業時間 9:30 – 17:30
TEL:03-3234-1177
お気軽にお問合せください