トピックス TOPICS

環境省「平成31年度 家庭部門のCO2排出実態統計調査」の結果(速報値)公表について

環境省では、家庭部門の詳細なCO2排出実態等を把握し、地球温暖化対策の企画・立案に資する基礎資料を得ることを目的に、平成29年度(2017年度)から「家庭部門のCO2排出実態統計調査」を政府の一般統計調査として実施しています。
弊社・株式会社住環境計画研究所は、平成29年度、平成30年度の各調査から引き続き、株式会社インテージと共同で平成31年度調査を受託し実施しました。
本日9月29日、平成31年度調査の速報値が取りまとめられ、公表されましたのでご案内致します。

■環境省報道発表「平成31年度 家庭部門のCO2排出実態統計調査の結果(速報値)について」
https://www.env.go.jp/press/108469.html

■環境省「家庭部門のCO2排出実態統計調査(家庭CO2統計)」HP
http://www.env.go.jp/earth/ondanka/ghg/kateiCO2tokei.html
※こちらから調査方法や結果を取りまとめた詳細な資料や図表がダウンロード可能です。

今回の速報値では、電気のCO2排出係数が前年度値となっています。
CO2排出量の結果は、事業者ごとの電気のCO2排出係数の公表後に再計算され、今年度末に確報値として公表される予定となっております。
確報値公表時には、政府統計の総合窓口(e-Stat)に統計表も掲載される予定です。

関連資料

同じカテゴリの最新記事

弊社が実施したマイクログリッドの導入事例に関する調査報告書が日本LPガス協会のHPで公開されました

弊社が実施いたしました日本LPガス協会委託調査「マイクログリッドの導入事例に関する調査報告書」の報告書が日本LPガス協会のホームページに掲載され... [続きを読む]
お知らせ

気候変動・省エネルギー行動会議 「BECC JAPAN 2021」 参加募集のお知らせ

弊社が事務局を務めます「BECC JAPAN 2021」では、現在、参加募集を行っております。 ◯参加申込期間 ・早期割引価格(7月16日(金)23:59受付迄)... [続きを読む]

脱炭素社会の実現に向けた、4年間・全国30万世帯の国内最大規模実証事業ーナッジを活用して家庭の省エネ行動を促しCO2排出量 47,000トン削減ー

世界各国で実績のあるナッジを活用したソリューション「Oracle Utilities Opower」を、日本の生活・文化に合わせて再構成。2017年より全国のエネ... [続きを読む]
お知らせ

月刊「省エネルギー」6月号に弊社会長の中上の論考が掲載されました。

月刊「省エネルギー」6月号(Vol.73/No.6、一般社団法人省エネルギーセンター)の「知のコンパス」(p4~p5)にて、『カーボンニュートラル下における家... [続きを読む]
お知らせ

省エネ教育プログラム検討委員会 学校教育を通じて脱炭素化を推進「省エネ教育の普及に向けた提言書」を発表

省エネ教育プログラム検討委員会(委員長:長尾慶子 東京家政大学大学院 人間生活学総合研究科 客員教授、事務局:株式会社 住環境計画研究所)は、省... [続きを読む]

住環境計画研究所

営業時間 9:30 – 17:30
TEL:03-3234-1177
お気軽にお問合せください