トピックス TOPICS

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に伴う外出自粛による家庭のエネルギー消費への影響分析(第一報)

株式会社住環境計画研究所(代表取締役会長:中上英俊、東京都千代田区紀尾井町3-29 紀尾井町アークビル3 階)と株式会社インテージ(代表取締役社長:檜垣歩、東京都千代田区神田練塀町3 番地インテージ秋葉原ビル)は共同で、COVID-19 の感染拡大に伴う外出自粛が家庭のエネルギー消費やライフスタイルに与えた影響を検討するための調査を2020 年6 月26~29 日に実施しました。

この度、第一報として就業者のいる世帯に関する集計を実施し、在宅勤務のエネルギー消費への影響と在宅勤務実施世帯の特徴について取りまとめましたので、ご報告いたします。

本報告でのポイントは下記の5 点です。詳細はpdfファイルをご覧ください。


1) 在宅勤務とエネルギー消費量の関係:集合住宅に住む単身世帯では、在宅勤務実施がエネルギー消費量に与える影響が大きい。

2) 在宅勤務実施世帯の省エネ意識: 在宅勤務日数の増えた世帯では、省エネ意識が高まった世帯と少々緩んだ世帯がそれぞれ若干増加している。

3) 在宅勤務実施世帯における負担感・満足度: 在宅勤務日数が増えると、仕事の負担を感じる割合が若干増加している。一方で生活全般については、不満を感じる割合も、満足を感じる割合も若干増加している。

4) 在宅勤務と自宅での調理食数: 在宅勤務日数の増えた世帯において、平日昼の調理食数が顕著に増加している。

5) 在宅勤務と光熱費の感じ方: 在宅勤務日数が増えると、光熱費が増えたと感じる割合が高くなり、今夏の光熱費を心配する割合も高くなっている。


続報は取りまとめ次第、随時報告する予定です。

【本件に関するお問い合わせ】

株式会社住環境計画研究所 担当:岡本・岩本
Tel:03-3234-1177
E-mail:web(at)jyuri.co.jp ※(at)は@に書き換えてください。

株式会社インテージ カスタムリサーチ事業本部 担当:甲斐・秋谷
Tel:03-5294-8338

関連資料

同じカテゴリの最新記事

お知らせ

省エネ教育プログラム検討委員会 学校教育を通じて脱炭素化を推進「省エネ教育の普及に向けた提言書」を発表

省エネ教育プログラム検討委員会(委員長:長尾慶子 東京家政大学大学院 人間生活学総合研究科 客員教授、事務局:株式会社 住環境計画研究所)は、省... [続きを読む]

学校での省エネ教育が家庭のCO2排出量削減につながることを日本で初めて実証 ~ナッジ理論を用いて約5%を削減~

株式会社住環境計画研究所(代表取締役会長:中上 英俊、以下「住環境計画研究所」)と東京ガス株式会社(代表取締役社長:内田 高史、以下「東京ガス... [続きを読む]
お知らせ

住宅における給湯用一次エネルギー消費量の計算サイト作成のお知らせ

 株式会社 住環境計画研究所(代表取締役会長:中上英俊、東京都千代田区紀尾井町3-29 紀尾井町アークビル3階)は、住宅における給湯用一次エネルギ... [続きを読む]
調査研究報告

環境省「平成31(令和元)年度 家庭部門のCO2排出実態統計調査」の結果(確報値)公表について

環境省では、家庭部門の詳細なCO2排出実態等を把握し、地球温暖化対策の企画・立案に資する基礎資料を得ることを目的に、平成29年度(2017年度)から... [続きを読む]
お知らせ

気候変動・省エネルギー行動会議 「BECC JAPAN 2021」 発表募集のお知らせ

弊社が事務局を務めます「BECC JAPAN」は、本年で8回目を迎えます。 現在、下記のサイトで発表募集を行っております。 ... [続きを読む]

住環境計画研究所

営業時間 9:30 – 17:30
TEL:03-3234-1177
お気軽にお問合せください