トピックス TOPICS

環境省「平成30年度 家庭部門のCO2排出実態統計調査」の結果(確報値)公表について

環境省では、家庭部門の詳細なCO2排出実態等を把握し、地球温暖化対策の企画・立案に資する基礎資料を得ることを目的に、平成29年度(2017年度)から「家庭部門のCO2排出実態統計調査」を政府の一般統計調査として実施しています。
住環境計画研究所は、平成29年度調査から引き続き、株式会社インテージと共同で平成30年度調査を受託し実施しました。

本日、平成30年度調査の確報値が取りまとめられ、公表されましたのでご案内致します。

今回の確報値は、昨年9月に公表されました速報値から、電気のCO2排出係数を当該年度値として再計算を行ったものとなっております。
また、確報値の公表に合わせ、政府統計の総合窓口(e-Stat)に統計表が公開されております。

■環境省報道発表「平成30年度 家庭部門のCO2排出実態統計調査の結果(確報値)について」
http://www.env.go.jp/press/107858.html

■環境省「家庭部門のCO2排出実態統計調査(家庭CO2統計)」HP
http://www.env.go.jp/earth/ondanka/ghg/kateiCO2tokei.html
※こちらから調査方法や結果を取りまとめた詳細な資料や図表がダウンロード可能です。

関連資料

同じカテゴリの最新記事

卒FITに向けた余剰電力の自家消費におけるヒートポンプ給湯機の有用性の評価について

一般財団法人ヒートポンプ・蓄熱センター 株式会社住環境計画研究所  2009年11月開始の「太陽光発... [続きを読む]

環境省「平成30年度 家庭部門のCO2排出実態統計調査」の結果(速報値)公表について

環境省では、家庭部門の詳細なCO2排出実態等を把握し、地球温暖化対策の企画・立案に資する基礎資料を得ることを目的に、平成29年度(2017年度)から... [続きを読む]

LCCM住宅における家庭用蓄電池・太陽光発電設備一体型システムの特性把握研究 その6 評価モデルによる感度解析

家庭用蓄電池システムについては、災害等における停電時の非常用電源や、太陽光発電等自然エネルギー由来電力の固定価格買取制度における買取価格の低... [続きを読む]

「eceee 2019 Summer Study on energy efficiency」にて調査研究報告

令和元年6月3日(月)~6月8日(土)に南仏イエールで開催予定の「eceee (European Council for an Energy Efficient Economy) 2019 Summer Study on ... [続きを読む]

「2019年度日本建築学会大会(北陸)学術講演会」にて調査研究報告

2019年9月3日(火)~6日(金)に開催予定の「2019年度日本建築学会大会(北陸)学術講演会(金沢工業大学)」にて、岡本の研究報告を予定しています... [続きを読む]

住環境計画研究所

営業時間 9:30 – 17:30
TEL:03-3234-1177
お気軽にお問合せください