トピックス TOPICS

卒FITに向けた余剰電力の自家消費におけるヒートポンプ給湯機の有用性の評価について

一般財団法人ヒートポンプ・蓄熱センター
株式会社住環境計画研究所

 2009年11月開始の「太陽光発電(PV)の余剰電力買取制度」(FIT)は、2019年11月以降に10年間の買取期間が順次終了し、卒FIT世帯が今後増加します。各世帯のPV余剰電力を自家消費することは、PVや風力発電等の再生可能エネルギー電源の主力化に向けて重要であるため、一般財団法人ヒートポンプ・蓄熱センターと弊社は、卒FIT世帯における自家消費の拡大手段の一つであるヒートポンプ給湯機の有用性の評価結果について報告いたします。
 評価は有識者による「HP給湯機の有効活用検討会(委員長:東京大学 赤司泰義教授)」にて実施致しました。

〇戸建住宅シミュレーション結果

  • PV自家消費率 15%ポイント増加(44%→59%)
  • 省エネルギー効果 23%削減

〇国内へのHP給湯機普及による評価

  • PV自家消費量 66億kWhの増加
  • 省エネルギー効果 11.5万kL削減(原油換算)

 
 
 詳細については添付資料をご覧ください。

報道発表資料

報告書

関連資料

同じカテゴリの最新記事

環境省「平成31年度 家庭部門のCO2排出実態統計調査」の結果(速報値)公表について

環境省では、家庭部門の詳細なCO2排出実態等を把握し、地球温暖化対策の企画・立案に資する基礎資料を得ることを目的に、平成29年度(2017年度)から... [続きを読む]

令和元年度建築基準整備促進事業の成果報告が国土交通省HPに掲載されました

弊社・株式会社住環境計画研究所は、国土交通省の事業「建築基準整備促進事業」の中の研究課題「E10 住宅における蓄電・蓄熱された電力・熱の評価の基... [続きを読む]

弊社がタイ地方配電公社等と共同実施した調査・実証事業の結果がIGESのレポートに掲載されました

弊社は、タイの家庭部門におけるエネルギー消費実態および省エネ行動促進手法に関する調査・実証事業「Promoting Household Energy Conservation thro... [続きを読む]

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に伴う外出自粛による家庭のエネルギー消費への影響分析(第一報)

株式会社住環境計画研究所(代表取締役会長:中上英俊、東京都千代田区紀尾井町3-29 紀尾井町アークビル3 階)と株式会社インテージ(代表取締役社長... [続きを読む]

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大及びその防止に伴う家庭のエネルギー消費への影響分析(第二報)

株式会社 住環境計画研究所(代表取締役会長:中上英俊、東京都千代田区紀尾井町3-29 紀尾井町アークビル3階)では、総務省統計局の家計調査(二人以... [続きを読む]

住環境計画研究所

営業時間 9:30 – 17:30
TEL:03-3234-1177
お気軽にお問合せください