トピックス TOPICS

ホームエネルギーレポートによる省エネ効果の地域性・持続性に関する実証研究 -初年度の省エネ効果と省エネ意識・行動の変化-

(1)目的
諸外国ではエネルギー事業者が個別の家庭に対してエネルギー使用状況等の情報提供を行うことで行動変容を促し、省エネ効果が得られるという実証結果が示されてきている。中でもオラクル社(2016年にOpower買収)のホームエネルギーレポート(以下、HER)は本分野のスタンダードとなっている。日本では2016年に北陸でHERの省エネ効果を検証した事例があるが、効果の地域性・持続性は検証されていない。本実証では海外でスタンダードとなっているHER(以下、スタンダードレポート)を国内5地域に適用しその効果の地域性・持続性の検証、ならびに日本固有の状況を加味したHER(以下、日本版レポート)の開発および効果検証を目的としている。

(2)方法
国内のエネルギー事業者5社(北海道ガス、東北電力、北陸電力、関西電力、沖縄電力)の家庭用顧客を対象に、スタンダードレポート送付世帯、日本版レポート送付世帯、比較対照世帯を設定するランダム化比較試験(計約45万世帯:3群×約3万世帯/群×5地域)を実施した。スタンダード/日本版レポート送付世帯に、2017年12月から2018年3月まで計4回、レポートを郵送した後、エネルギー消費量や省エネ意識・行動の群間の差を比較した。

(3)結果
パネルデータ分析により介入効果を推定したところ、CO2削減率は送付2ヶ月後に1.2~2.0%となり5地域全てで統計的有意差が確認された。またレポート送付世帯は、非送付世帯に比べて省エネ意欲・態度や一部の省エネ行動実施率が有意に高いことが確認された。

本研究は環境省委託事業「平成29年度 低炭素型の行動変容を促す情報発信(ナッジ)による家庭等の自発的対策推進事業(生活者・事業者・地域社会の「三方良し」を実現する日本版ナッジモデルの構築)」の一環として、日本オラクル(株)と(株)住環境計画研究所が各エネルギー事業者からの協力を得て実施した成果である。

論題
ホームエネルギーレポートによる省エネ効果の地域性・持続性に関する実証研究 -初年度の省エネ効果と省エネ意識・行動の変化-
著者
中上 英俊、鶴崎 敬大、小林 翼、村井 建介、ヘイグ ケン
掲載誌
BECC JAPAN 2018, 2018-8

同じカテゴリの最新記事

環境省「平成29年度 家庭部門のCO2排出実態統計調査」の結果(速報値)公表について

環境省では、家庭部門の詳細なCO2排出実態等を把握し、地球温暖化対策の企画・立案に資する基礎資料を得ることを目的に、平成29年度から「家庭部門のC... [続きを読む]

平成29年度東京都委託事業 「行動科学を活用した家庭部門における 省エネルギー対策に資する実証実験」の結果について

平成29年度東京都委託事業 「行動科学を活用した家庭部門における省エネルギー対策に... [続きを読む]

Do Smart Thermostats + Nudges Yield Greater Energy Savings?

Smart thermostats, combined with multiple temperature sensors, and home energy management systems (HEMS) are experiencing rapid growth world... [続きを読む]
調査研究報告

アジア地域の民生部門におけるエネルギー消費実態のデータベースを公開しました。

株式会社住環境計画研究所および学校法人早稲田大学が独立行政法人環境再生保全機構の環境研究総合推進費(1-1502)を受けてアジア地域の民生部門にお... [続きを読む]
調査研究報告

「2018年度日本建築学会大会(東北)学術講演会」にて調査研究報告

平成30年9月4日(火)~9月6日(木)に開催予定の「2018年度日本建築学会大会(東北)学術講演会(東北大学)」にて、中村、平山、水谷、玄、高山、ユ... [続きを読む]

住環境計画研究所

営業時間 9:30 – 17:30
TEL:03-3234-1177
お気軽にお問合せください