トピックス TOPICS

生活者の自発的な省エネ行動を促す日本初の大規模ナッジ実証事業 ―家庭向け省エネレポートの効果実証― の開始について

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、執行役 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー)と、株式 会社住環境計画研究所(所在地:東京都千代田区、代表取締役会長 中上英俊)は、環境省の「平成29年度低炭素 型の行動変容を促す情報発信(ナッジ)による家庭等の自発的対策推進事業」 (http://www.env.go.jp/press/103926.html) の委託を受け、「パリ協定」における 2030 年度までに温室効果ガスの排出量を 2013 年度比で 26%削減する という日本の目標数値達成に向け、貢献する実証事業をスタートします。

当プロジェクトは、委託事業の中の「生活者・事業者・地域社会の『三方良し』を実現する日本版ナッジモ デルの構築」のプロジェクトです。生活者一人一人が “省エネライフスタイル” を実現できる社会に向け、全 国エネルギー事業者 5 社(北海道ガス株式会社、東北電力株式会社、北陸電力株式会社、関西電力株式会社、 沖縄電力株式会社)にご協力いただき、年間で全国延べ 30 万世帯を対象に、自発的な CO2 削減アクションを 促す大規模ナッジの実証事業を行います。当プロジェクトは国内最大の事業となります。

本日、東京ガーデンテラス紀尾井町(東京都千代田区)で「日本初の大規模ナッ ジ実証事業発表会」が行われ、環境省 地球環境局 地球温暖化対策課 地球温暖化対策事業室 水谷好洋室長、 代表事業者の日本オラクル フランク・オーバーマイヤーCEO および村井建介ディレクター、弊社会長の中上英俊、協力事業者の全国エネルギー事業者5社の代表者らが、本事業の成功に向けて一 致団結して取り組むことを確認いたしました。

今年度はエネルギー事業者 5 社の協力のもと、各社管内の約 6 万世帯(計約 30 万世帯) に、パーソナライズされたエネルギー使用情報やアドバイスからなる「省エネレポート」を、計 4 回送付しま す。また、日本固有のキャラクター文化に着目し、省エネレポートにキャラクターを取り込むことによる CO2 削減の上積み効果も検証していきます 。

本プロジェクトにおいて、住環境計画研究所は主に省エネルギー・CO2削減の効果検証を担当いたします。プロジェクトの実施を通じて、省エネ行動の促進によるCO2排出量の削減に貢献して参ります。

関連資料

同じカテゴリの最新記事

お知らせ

研究所長の鶴崎が登壇いたします。

弊社研究所長の鶴崎が、公開セミナー「地域発の未来の形~国との連携で進める地域版2度目標に向けた取り組み」(主催 : 環境省・IGES、 協力 : 一般... [続きを読む]
お知らせ

「学校における省エネ教育プログラム」の開発および 2018年度実証校の募集開始について

「学校における省エネ教育プログラム」の開発および2018年度実証校の募集開始について ... [続きを読む]
お知らせ

研究所長の鶴崎がTV出演します。

弊社研究所長の鶴崎が、2017年11月4日(土)放送予定の「トウキョウもっと!2... [続きを読む]
お知らせ

月刊「省エネルギー」10月号に中上会長の論考が掲載されました 。

月刊「省エネルギー」10月号(Vol.69/No.10、一般社団法人省エネルギーセンター[2017年9月30日発行])の「知のコンパス」(p4~p5)にて、『住空間に... [続きを読む]
お知らせ

日本エネルギー学会 省エネルギー・消費者行動部会セミナーのご案内(申込締切11/6まで延長)

弊社中村、岸田が幹事として参加する日本エネルギー学会 生活部会は、この度省エネルギー部会と統合し、新たに「省エネルギー・消費者行動部会」とし... [続きを読む]

住環境計画研究所

営業時間 9:30 – 17:30
TEL:03-3234-1177
お気軽にお問合せください