トピックス TOPICS

寒冷地向け温水式暖房システムの使用実態と省エネルギー余地の検討

北海道は全国と比較して住宅の断熱水準が高く,またセントラル暖房システム等により24時間暖房(連続運転)している割合も多いことから,冬期の室内温度は全国と比べても高く保たれていることが知られている.他方で連続運転する住宅でも,就寝時や日中外出時,日射取得による室温上昇時などの適切な暖房管理により,快適性を保ちつつ暖房エネルギーを削減する余地があると考えられる.本報告では,暖房自動制御アルゴリズムの開発,および省エネアドバイス生成に資するため,実証世帯における室内温熱環境と暖房使用実態の調査結果から暖房エネルギーの削減余地を検討した結果について報告する.

論題
寒冷地向け温水式暖房システムの使用実態と省エネルギー余地の検討
著者
平山 翔、鶴崎敬大、中村美紀子(住環境計画研究所)、若狭 純一(北海道ガス株式会社)
掲載誌
エネルギー資源学会 第33回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス講演論文集, エネルギー資源学会, 2017.02

同じカテゴリの最新記事

LCCM住宅における家庭用蓄電池・太陽光発電設備一体型システムの特性把握研究 その6 評価モデルによる感度解析

家庭用蓄電池システムについては、災害等における停電時の非常用電源や、太陽光発電等自然エネルギー由来電力の固定価格買取制度における買取価格の低... [続きを読む]

住環境計画研究所

営業時間 9:30 – 17:30
TEL:03-3234-1177
お気軽にお問合せください