トピックス TOPICS

寒冷地向け温水式暖房システムの使用実態と省エネルギー余地の検討

北海道は全国と比較して住宅の断熱水準が高く,またセントラル暖房システム等により24時間暖房(連続運転)している割合も多いことから,冬期の室内温度は全国と比べても高く保たれていることが知られている.他方で連続運転する住宅でも,就寝時や日中外出時,日射取得による室温上昇時などの適切な暖房管理により,快適性を保ちつつ暖房エネルギーを削減する余地があると考えられる.本報告では,暖房自動制御アルゴリズムの開発,および省エネアドバイス生成に資するため,実証世帯における室内温熱環境と暖房使用実態の調査結果から暖房エネルギーの削減余地を検討した結果について報告する.

論題
寒冷地向け温水式暖房システムの使用実態と省エネルギー余地の検討
著者
平山 翔、鶴崎敬大、中村美紀子(住環境計画研究所)、若狭 純一(北海道ガス株式会社)
掲載誌
エネルギー資源学会 第33回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス講演論文集, エネルギー資源学会, 2017.02

同じカテゴリの最新記事

論文

都市・地域エネルギーシステムに関する調査研究

近年、都市の低炭素化・防災対策のため、産学官でスマートコミュニティの事業が行われてきた。本研究では、都市のエネルギーシステムの視点から、スマ... [続きを読む]
論文

オフィスにおけるOA機器の保有状況に関する実態調査 その2 床面積と保有台数及び消費電力の関係

 前報ではオフィスにおける機器の保有状況に関する調査概要や統計量等について報告した。  本報ではオフィスにおけるOA機器の保有状況と消費... [続きを読む]
論文

オフィスにおける OA 機器の保有状況に関する実態調査 その 1 調査概要および保有率・保有数量に関する集計結果

 ZEB(Zero Energyr Building)の実現に資する基本要素として、外皮性能の向上や高性能設備等の導入といった要素技術に加え、『内部発熱の低減... [続きを読む]

暖房制御と見える化システムを備えた省エネサポートシステムの開発 その6 省エネサポートアプリの利用実態及び省エネ対策の実施状況の変化

既報にて述べたとおり、これまでのHEMSは、提供情報への利用者の関心度が低いことや、HEMS自体が利用者の閲覧を待つプル型であること等により、閲覧・... [続きを読む]

暖房制御と見える化システムを備えた省エネサポートシステムの開発 その5 システム導入による温熱環境及び暖房設定温度の変化

既報に引き続き、実証モニター100件の室温データやアンケート調査結果を整理し、省エネサポートシステム導入による室温の変化や暖房制御を導入したAT... [続きを読む]

住環境計画研究所

営業時間 9:30 – 17:30
TEL:03-3234-1177
お気軽にお問合せください