トピックス TOPICS

関東地方の住宅への分散型電源の導入に関する研究 第 2 報 実測調査とアンケート調査による SOFC の導入指標の作成

本報では、分散型電源のうち、固体酸化物型燃料電池 (SOFC)を取り上げ、合理的な導入のための指標を作成した。SOFC は機器特性上、一定以上のエネルギー需要がある世帯でないと効果が得られない可能性があるため、電力消費量実測データと SOFC の部分負荷特性を用いて導入対象となる年間電力消費量の下限値を求めた。さらに、第1報のアンケート調査時に得られた1,000件分の月別電力消費量と合わせて、SOFCの導入を検討する際の指標を作成した。SOFC導入対象となる世帯は、年間電力消費量3,000kWh/年以上で、延床面積が集合住宅40㎡以上、戸建住宅90㎡以上となった。

論題
関東地方の住宅への分散型電源の導入に関する研究 第 2 報 実測調査とアンケート調査による SOFC の導入指標の作成
著者
金島正治,矢田麻衣,長岡篤
掲載誌
日本建築学会大会学術講演梗概集, pp.755-756,(一社)日本建築学会 ( 2016年8月 )

同じカテゴリの最新記事

LCCM住宅における家庭用蓄電池・太陽光発電設備一体型システムの特性把握研究 その6 評価モデルによる感度解析

家庭用蓄電池システムについては、災害等における停電時の非常用電源や、太陽光発電等自然エネルギー由来電力の固定価格買取制度における買取価格の低... [続きを読む]

住環境計画研究所

営業時間 9:30 – 17:30
TEL:03-3234-1177
お気軽にお問合せください