トピックス TOPICS

目黒区における住宅のエネルギー消費量の削減に関する研究 第2報 住宅用エネルギーシステムの設置に関する調査

本研究では、太陽光発電、エネファーム、エコキュート、太陽熱温水器について目黒区の戸建住宅1000件を対象に用途地域別に目視調査とアンケート調査を行い、住宅用エネルギーシステムの導入可能性を示した。目視調査では太陽光発電との物理的な導入可能性を検討するため、屋根面の日射状況と面積・傾斜・方角を確認し、 エネファームの寸法を目安に敷地面積や駐車場の状況を把握した。また、機器の導入に対する居住者の意識につい てアンケート調査を実施した。太陽光発電については、全ての地域において70%以上、低層住居専用地域に限っては96%の住宅が導入可能と判断した。エネファームやエコキュートについては地域による差が大きく、低層住居専用地域では90%以上が導入可能となったが、商業地域、近隣商業地域に立地する住宅の45%では設置スペースの面から設置が困難であると判断した。アンケート調査では、太陽熱温水器に対するネガティブなイメージが浮き彫りとなる結果となった。

論題
目黒区における住宅のエネルギー消費量の削減に関する研究 第2報 住宅用エネルギーシステムの設置に関する調査
著者
湯浅和博,矢田麻衣,中野陽一郎,朴省俊,藤井修二
掲載誌
日本建築学会大会学術講演梗概集, pp.695-696, (一社)日本建築学会 ( 2012年9月 )

同じカテゴリの最新記事

LCCM住宅における家庭用蓄電池・太陽光発電設備一体型システムの特性把握研究 その6 評価モデルによる感度解析

家庭用蓄電池システムについては、災害等における停電時の非常用電源や、太陽光発電等自然エネルギー由来電力の固定価格買取制度における買取価格の低... [続きを読む]

住環境計画研究所

営業時間 9:30 – 17:30
TEL:03-3234-1177
お気軽にお問合せください